スロイスが勝手にオススメするエントリー

2018.04.02  Vans Warped Tour Japanに行ってきました

4月1日は幕張メッセにロックフェスの『Vans Warped Tour Japan』を見に行ってきました。
DSC_2917.jpg

メッセには開演30分ほど前に到着しましたが、なんともまぁガラガラです。
DSC_2919.jpg

おかげで目当ての一つのPasscodeが2列目で見られたり。
DSC_2920.jpg


見たバンドは
PassCode
Dizzy Sunfist
LOVEBITES
HEY-SMITH
TOTALFAT
SUICIDAL TENDENCIES
ZEBRAHEAD
ANDREW W.K.
PENNYWISE
PROPHETS OF RAGE

今回は以前から見たかったのですがなかなか機会が無かったDizzy Sunfist、踊って騒げたHEY-SMITH、サークルモッシュで走りまわったTOTALFATなどで楽しめました。

LOVEBITESはなんとなく見てたのですが、全員女性とは思えないほどパワフルな演奏に、伸びるハイトーンのVo、メタラーのツボを付くメロディやギターソロなど予想以上でつい魅入ってしまいました。

SUICIDAL TENDENCIESのハードコアで有りながらタイトな演奏とハードコアなモッシュは見ていて凄かったですし、ZEBRAHEADやPENNYWISEはタイプは違うもののメロコアのテンポ良い曲が心地よかったです。

ANDREW W.K.は最初タイムテーブル見たときにこの位置なのはちょっと・・・と思っていましたがライブは予想以上の大盛り上がり(1stアルバムの曲限定ですが)でビックリ。

そしてトリのPROPHETS OF RAGE。
面子が凄いのは分かるのですが、正直曲が自分の趣味に合わず。
予習してなかった自分も悪いのですが、どの曲聴いても同じに聴こえて久しぶりに途中で帰りたいと思いました・・・。
でも、人気は凄くフロア全体が大盛り上がりで、フェスのトリとしては圧巻でした。


ライブはプロ用カメラでなければ撮影可とのことで、演奏前のサウンドチェック中などにチョコチョコ撮ったバックドロップの写真を。
DSC_2927.jpg

DSC_2930.jpg

DSC_2931.jpg

DSC_2935.jpg

DSC_2936.jpg

DSC_2939.jpg


 

2018.04.02 | ライブ | Comments(2) | Trackback(0)

2018.03.25  HELLOWEENのライブ『PUMPKINS UNITED』に行ってきました。

3月24日はZepp TokyoにHELLOWEENのライブ『PUMPKINS UNITED』を見に行ってきました。

helloween_header.jpg

今回はHELLOWEENファンにとっては待望の、カイ・ハンセンとマイケル・キスクがバンドメンバーとして参加するライブ。
このメンバーで日本にもやってくると聞いて、チケットを取ったときからずっとわくわくしていました。

HELLOWEENとGAMMARAYのカップリングツアーである、2008年の「HELLISH ROCK PART」と2013年の「HELLISH ROCK PARTⅡ」にも参加し、カイ・ハンセンがHELLOWEENの曲を演奏するのは見ているのですが、今回はメンバーとして参加しさらにキスクがいるということで、否が応にも期待が高まります。


チケットは完売との事で会場は満員。




ライブはほぼ定刻どおりスタート。
セットリストはこんな感じ。




いきなり大曲のHELLOWEENからスタート。
HELLOWEENのステージにカイ・ハンセンとマイケル・キスクがいるというだけで大興奮。
15分近い曲なのにあっという間に終わってしまいました。

ライブの曲はそれぞれのメンバーをモチーフにしたアニメーションがスクリーン映し出され、そのメンバー時代の代表曲を演奏していく演出。

キスク時代は事前情報から「Rise and Fall」かと思ってたら、まさかの「Kids Of The Century」。
何気に日本で初演奏らしいです。

カイ時代は「Starlight」「Ride the Sky」「Judas」「Heavy Metal is the Law」。
正直ボーカルとしてはアレなのですが、あのシャウトから始まる「Starlight」が聴けただけでもライブチケット代は元が取れました。

ドラムソロは今は亡きインゴの映像と、それにあわせたダニの演奏でぐっと来ました。

そんな感じでそれぞれのメンバー時代を代表した新旧の人気曲を演奏し、あっというまに本編終了。

アンコールは皆大好き「Eagle Fly Free」。
今までのライブで幾度と無く「Eagle Fly Free」を聴いてきましたが、キスクの歌う原曲と同じキーは初めて。

アンコール最後はお約束の「I Want Out」。
キスクの歌う「I Want Out」は何時ぞやのLOUD PARKのUNISONICで聴いているのですが、あの時と変わらずハイトーンにしびれました。


そんなわけで3時間近いライブもアッと言う間に終了。
このメンバーでのライブなら何時間でも見ていられます
またいつかオリジナルメンバーを含んだ形での来日をしてもらいです。



2018.03.25 | ライブ | Comments(0) | Trackback(0)

2018.02.18  ELECTRONIC EMPIRE FESTに行ってきました

2月17日は妖精帝國のライブを見に、ELECTRONIC EMPIRE FESTが行われていたクラブチッタへ行ってきました。

DSC_2637.jpg

この日のライブはちょっとしたフェス型式で、前日の16日は電気式華憐音楽集団がトリで、この日は妖精帝國がトリ。
何気に前日の電気式華憐音楽集団も行きたかったのですが、平日だったので行けず。
でも、この日はアンプラグドでしたが電気式華憐音楽集団も出演。

会場にはオープニングアクトの演奏開始とほぼ同時に到着。
オープニングアクトはInnocent Material。
女性Voのメロスピ+シンフォニックメタル的な感じ。

お次はアンプラグドの電気式華憐音楽集団。
普段はメタルな曲がアコースティックで聴けたのは新鮮。

最後は妖精帝國
妖精帝國は前方付近で参戦。
激しい曲ではモッシュにも突っ込んで楽しみました。

曲は15曲ぐらいだったと思いますが、何気に2時間半ぐらいの長丁場。
ここ最近は80分ぐらいのライブが多かったので結構疲れました。

セットリストはこんな感じ










 

2018.02.18 | ライブ | Comments(0) | Trackback(0)

2018.01.08  PassCodeのライブ『ZENITH TOUR 2017 FINAL』に行ってきました

1月7日はPassCodeのライブ『ZENITH TOUR 2017 FINAL』を見に行ってきました。

max_schedule_20171014012205_ae3d6c016a9dfdbcfff49f06b6951ec959e0e82df2cbf.jpg

PassCodeのライブは昨年のサマソニ以来3回目。
単独ライブは初めてです。

会場は渋谷のO-EAST。
チケット番号が遅い方かと思ってだらだらと行きましたが、意外にも良い番号だったようで番号が呼ばれた際にはちょうど会場のど真ん中付近に入れました。

ライブは15分押しぐらいでスタート。
会場の真ん中付近なのに、ライブ開始と共に超圧縮。
PassCodeのライブは激しいと知っていましたがこれほどとは思いませんでした。

ライブ自体は大盛り上がりで、ダイバーさんも多数。
勢いあまって私もついに人生初ダイブ&クラウドサーフ!
クラウドサーフ中の景色は最高でした。

セットリストはこんな感じ




ライブ自体は70分と普段なら短く感じる時間ですが、これ以上やられたら倒れるぐらいの勢いだったのでちょうど良かったです。

途中のMCはネガティブな内容もありましたが、このままのPasscodeで続けていってもらいたいです。
また行く機会があれば是非参戦したいと思います。
とりあえずは過去のアルバムを現体制で再録するらしいので、今からCD出るのが楽しみです







 

2018.01.08 | ライブ | Comments(0) | Trackback(0)

2017.10.17  LOUD PARK17に行ってきました。

10月14日と15日は毎年恒例のメタルフェス LOUD PARKを見にさいたまスーパーアリーナに行ってきました。
今年の目当ては初日のEMPERORと2日目のCRADLE OF FILTHのブラックメタル2バンドです。

hd0928.jpg


初日は朝8時からの先行物販に行きましたが既に定員オーバーで締め切り。




会場まで1時間半近く有りそこで時間をつぶすのも無駄なので、自宅に帰って程よい時間に再度会場へ。
こういうとき家が近いと便利です。

会場にはオープニングアクトのALDIOUSの開演中に入場。
前半は見やすい自由席に座ってみます。




とりあえず印象に残ったバンドの感想でも。

BEYOND THE BLACKはノーマークでしたが、自分の好みな女性Voのシンフォニックメタルでつい引き込まれます。

SKINDREDはミクスチャーバンドのイメージでしたが、レゲエやラテン系な曲調で曲を知らなくても楽しめました。

BRUJERIAはスペイン語?と南米風の明るいノリで、グラインドコアという激しいジャンルですノリやすく、2人のVoのコミカルな動きも見ていて楽しめました。
全員が覆面をして顔を隠しているのですが、シェーン・エンバリーの存在感というか隠しきれていない風貌が・・・。
その様子を見ていて初めて行ったラウドパーク06で、何かのバンドを見ていた際に、気が付いたら隣にシェーン・エンバリーが居てビビッた記憶がよみがえりました。

ALICE COOPERは、名前しか知りませんでしたが、ショックロックの元祖ということで、ライブも視覚効果が凄いです。
ここの演出はチープなのですが、全体を通してショーを見ているようでした。

EMPERORは、今回のラウドパーク2日間で個人的な期待バンド。




ライブも2ndアルバムの『Anthems to the Welkin at Dusk』完全再現と、「Curse You All Men!」「I Am the Black Wizards」「Inno a Satana」を演奏するということで、ラウドパーク前はこれらばっかりを聴いて予習もばっちりです。
1曲目のインスト曲「Alsvartr (The Oath)」でテンションが高まり、「Ye Entrancemperium」へ。出だしの音が若干しょぼかったのですが、演奏が続くにつれ改善し、アレだけの高速ドラムの音やリフの音も一つ一つ聞き取れるほどに。
ライブを楽しんでいるうちにアルバムの曲はあっという間に終わり、後半の3曲へ。
「Curse You All Men!」はEMPERORを知った切っ掛けの曲なのでテンション上がりますし、「I Am the Black Wizards」ではついサークルに飛び込む程。
「Inno a Satana」は、演奏開始前のコール&レスポンスから、最後の「Inno A Satana~」まで叫んで最初から最後まで堪能しました。
それにしてもアレだけの演奏を実際に目の当たりにすると圧倒されます。


SLAYERはラウドパークのトリ常連で若干見飽きた感もありましたが、盛り上がりも演奏も安定の「SLAYER」
EMPEROR終了直後にトイレによってからSLAYER側のステージに移動しましたが、私が前方エリアに入った直後で入場規制。
ギリギリに飛び込めて良かったです。
ライブは後方から見ていましたが、最後の「RAINING BLOOD」と「ANGEL OF DEATH」では我慢できず、つい巨大サークルに飛び込んでしまいました。
そういえばSLAYERのライブ中に名前が分からないけどLAガンズのメンバーが居たり。

そんな訳で1日目は終了。



2日はグッズを諦めだらだらとオープニングアクト開演とほぼ同時ぐらいにシート席に。

オープニングアクトのCRY VENOMはメロディックパワーメタルということで、割と好みの曲も多かったのですがVoの声量やステージングが素人臭くてちょっと残念。

そして2組目。
2組目はシークレットアクトということで、開演までどのバンドなのかが全く分からず。
開演時間になりバンドメンバーが登場。
よく見ると、マイケル・アモットとクリストファー・アモットの姿が。
なんとシークレットアクトはBLACK EARTH。
BLACK EARTHだと分かると我慢できず、シート席を駆け下りダッシュでアリーナ前方へ。
2番目ということで持ち時間が短かったものの、ARCH ENEMYの初期曲をオリジナルメンバー編成で聴けたので大満足。


LOUDNESSもアリーナ前方に行き見ましたが、やたら音がでかい。
それとLOUDNESSの曲はあまり詳しくないので前半はアレでしたが、後半は有名曲の連発で楽しむことが出来ました。


CRADLE OF FILTHも今回のラウドパークで楽しみだったバンド。
EMPERORと同じくブラックメタルにカテゴライズされるバンドですが、ビジュアル的にもブラックメタルの世界観をかもし出していて雰囲気に圧倒されます。
圧倒といえばダニ・フィルスの金切り声のようなシャウトから低音のデスボイスまで自由自在に扱う様は、CD等で知っていても実際に生で聴くと驚きます。


SABATONも期待のバンド。
2年前と同様に漢臭いパワーメタルを聴かせてくれます。
今回はパイロや花火なども持ち込み、迫力のあるライブが楽しめました。



MICHAEL SCENKER FEST
今回のトリのMICHAEL SCENKER FEST。
正直マイケル・シェンカーの曲はUFOの有名曲しか知らないのですが、知らない曲でもシェンカーのギターソロにはつい引き込まれます。
それと、グラハム・ボネットが生で見ることが出来たのが良かったです。実際にトレードマークであるスーツ姿で出てきたときにはある意味感動しました。
そして最後は「rock bottom」と「doctor doctor」を全力で歌って終了。
皆で歌える有名曲を持ってるとこういうときに盛り上がって楽しめますね。




ということでLOUD PARK17の超適当な感想でした。


それと、会場で久しぶりに釣り等でお世話になってた、ら王さんが会いに来てくれたのも嬉しかったです。
短い時間でしたがありがとうございました!


2017.10.17 | ライブ | Comments(2) | Trackback(0)

«前のページ  | HOME |  »次のページ

 


FC2Ad

まとめ

SUROISUのTwitter

プロフィール

スロイス

Author:スロイス
さいたま周辺の荒川・入間川・びん沼・新河岸川放水路とかに自転車でブラックバスを釣りに出没中。
たまに登山とか、冬はスノボーとか。

より詳細なプロフィールはこちらから。
スロイスのプロフィール

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索