FC2ブログ

スロイスが勝手にオススメするエントリー

2019.05.04  GWの海釣りキャンプ

GWの5月1日から4日は海へ釣りキャンプに行ってきました。

海へは5月1日の夕方に到着。
生憎の天気で雨が降ったり止んだり。
20190501_175347707.jpg

堤防に夜釣りに行こうと思いましたが、時折波を被ってて怖いので夜釣りは無し。
初日は基地を設営し、軽く晩御飯を食べてとっとと就寝。
20190501_182008284.jpg





翌5月2日。
天気は良かったのですが、うねりが出ててボートを出すには危険ということでボート釣りは中止。
20190502_110600184.jpg


それなので堤防行って遊んだり
20190502_062111306.jpg

磯で遊んだり
20190502_114547550.jpg


釣れたのは鯖餌のブラクリでカニだけ・・・。
20190502_113718958.jpg


後は海が荒れたということで流されたワカメ拾い。
知り合いが漁協の人に確認したら、生えてるのを採取は禁止ですが打ち上げられたものはOKとのこと。
20190502_175549248.jpg

取れたてのワカメはそのまま味噌汁に。
20190502_175336636.jpg
ワカメのみのシンプルな味噌汁ですが、取れたてとあって香りと歯ごたえが最高でした。


日中は食って飲んで寝てを繰り返し、夜にエギングへ。
20190502_191254298.jpg
1時間ぐらいやりましたが、どこ投げても漂うワカメを拾うばかりで釣れず。




5月3日
この日も晴天。
20190503_045326638.jpg


波が若干うねるものの、ボート出せそうとの事でボート釣りへ。
この日はボートで沖まで出てキンメを狙います。
20190503_061217045.jpg


ポイントは岸から1kmぐらい離れた水深300mオーバーの場所のボトムを狙います。
初めての深海釣りで四苦八苦しながらもオキギスをゲット。
20190503_071452897.jpg


途中からはサバが回遊してきたのでサバを釣って遊びます。
ジグも持ってきていたので落としてたらフォール中にヒット。
20190503_091513285.jpg

バスタックルだと良い引きが楽しめてスリリングでした。
20190503_091648406.jpg


本命のキンメは釣れなかったものの程よくサバを釣って遊んだら、今度は水深20mぐらいの場所まで移動。
産卵のため浅瀬に集まってるカワハギ狙い。
20190503_092346227.jpg


カワハギもまだ浅場には集まってないようでしたが、何とか1匹ゲット。
20190503_105845855.jpg

お昼前になると風が強くなってきたので、ボートの釣りは終了。



陸に上がってからは今日釣った魚を調理。
オキギスは薩摩揚げにすると美味しいとのことで、玉ねぎと混ぜてペースト状にして厚揚げに。
20190503_191917038.jpg

これが最高に美味しかった。
何でも、オキギスは蒲鉾や薩摩揚げの原材料としては最高級品だそうです。
20190503_195314087.jpg

さらに白ムツの味噌汁もご馳走に。
これも出汁が効いてて味も香りも楽しめました。
20190503_195059630.jpg

この日はこれらの料理とお酒を楽しんで早々に就寝。


そして最終日の5月4日。
この日もボートで釣りに出る予定でしたが、うねりが出ていたので断念。
20190504_053241216.jpg

なので朝まずめだけ堤防でエギング。
20190504_054641055.jpg
1時間ぐらいやるも釣れず、親子連れがやって来たので場所を空けてあげ釣り終了。



今回の海釣りキャンプでは波に恵まれませんでしたが、深海釣りに挑戦したり、ジグでのサバ釣りを楽しむ事ができました。
それと、いろいろな人に海釣りの面白い釣り方や対象魚を聞かせてもらい、次回の海釣りへの意欲がかきたれられました!
お世話になった皆さんありがとうございました。

20190504_071731809.jpg

20190504_071735792.jpg


個人用メモ
-----
5月ならレインウェアと登山用パンツでOK
夜は冷えるので、厚めのインナーが有ったほうが良い。
波被るから着替えは一式有ったほうが良い。
40gのジグはバスロッドだときつい。
釣具入れる防水の袋が有ると良い。


 

2019.05.04 | 海釣り | Comments(2) | Trackback(0)

2019.01.03  年末年始恒例のカワハギ釣りキャンプ

年末年始は恒例のカワハギ釣りキャンプに行ってきました。
DSC_3539.jpg


出発は大晦日の12月31日。
午後3時頃に集合し食料等の買出しをして、3時半頃に出発。
高速も空いており、2時間ちょいで目的地に到着。

とりあえず基地を設営し、晩御飯。
晩御飯後はやることがないので、早速目の前の海に釣りへ。
20181231_173922741.jpg

とりあえずライトジグをやりますが、あっという間に2つ根掛かりしてロスト。
このままだと全部無くしそうなので、餌釣りにチェンジ。

ブラクリに秋刀魚の切り身を付けて岸壁沿いを落としていくと、良いサイズのカサゴと
20181231_195246674.jpg

ソイを連続ゲット。
20181231_204454102.jpg

やっぱり餌は釣れますね。
この日はこれで終了し、夜8時ごろにテントで就寝。


お次は1月1日。
ここは初日の出スポットなので夜中から人が集まり、寝たり起きたりを繰り返しつつ日の出前に起床。
初日の出まで若干時間があるので近くの磯に初釣りへ。

岩の際やさらし付近を狙っていると、大物がヒット!
根に潜られないように格闘してみると、掛かったのはなんとウツボ!
20190101_065300359.jpg

バスタックルなので引き抜けず、しばらく悩んでいたら自然に針が外れてオートリリース。
釣れても困ったので助かりました。

ウツボと格闘しているうちに、初日の出。
DSC_3503.jpg

DSC_3504.jpg
今年も1年頑張りたいです!

ついでに漁港近くの神社で初詣も済ませます。
20190101_071251193.jpg

そして本命のカワハギ釣りへ。
ここでは知り合いのゴムボートに乗せてもらい釣りに出ます。


20190101_072748531.jpg

7時半から11時ぐらいまでやりましたが、本命のカワハギは2匹。
20190101_093021538.jpg

あと石鯛の子供が釣れたり、
20190101_101646414.jpg

秋刀魚の切り身を落とし込んでたら30cmぐらいの大きなカサゴをゲット。
20190101_110659867.jpg

釣行後のお昼には釣りたてのカワハギで肝和え。
20190101_143230950.jpg
最高の美味さ!
これ目当てで寒い中キャンプをしてるようなものです。

そして午後はロックフィッシュ狙い。
ルアーでは釣れず、餌でタコを抜きあげ時にバラシと、小さなソイ1匹。
20190101_153934889.jpg



そして1月2日。
日の出とともに出船。
DSC_3512.jpg

この日は石鯛の子供が入れ食い状態。
DSC_3513.jpg

落とすたびに石鯛が釣れ、時折カワハギが混じる感じです。
ベテラン達はポロポロカワハギを釣っていますが、私は1匹のみ。
DSC_3514.jpg

この日の釣果は3人でこんな感じ。
DSC_3516.jpg

カワハギが釣れないので、石鯛の子供も大きめなのをキープ。
お昼に石鯛の刺身を作ってもらったけど、美味しかったです。


午後はまたロックフィッシュ狙い。

堤防際やったり
DSC_3517.jpg

磯などを狙います
DSC_3518.jpg

でも釣れたのは餌でこんなの1匹。
DSC_3519.jpg

この日は暖かく風もなかった為か、普段は見えない対岸が蜃気楼となって眺めることができました。
DSC_3522.jpg


最終日1月3日。
これまでの2日間はカワハギが深い場所に居ると思って水深50mぐらいの場所をやっていましたが、今年は水温がまだ暖かいようで浅場に居るという話を聞いたので、この日は水深25mぐらいの場所を狙います。
(来年用メモ:5番と6番の場所)
DSC_3528.jpg

するとやはりカワハギはまだ浅い場所にいるようで、良いサイズがポロポロと釣れます。
DSC_3531.jpg

尺クラスの大物も混じります。
DSC_3533.jpg

朝まずめは良い感じで釣れましたが、8時半の干潮を境に反応がパタリとなくなります。
それでも時折は釣れるのですが、3日目ともなると疲れも出てリラックスモードでの釣りに。
DSC_3535.jpg

最終日は何とか7匹。
一番の大物は31cmと尺超えすることができました。
DSC_3536.jpg

というわけであっという間に3泊4日のカワハギ釣りキャンプが終了。
DSC_3540.jpg

潮周りがあまり良くなく、厳しい釣果になりましたが、それなりに楽しむことができました。

以下来年用メモ

-----以下来年のための自分用メモ-----
持ち物
・長靴、ライフジャケット、ボードウェア上下、ネックウォーマー、帽子、寝袋、
・インナー(多めに)、ズボンのインナー、スウェット、靴下(厚手のを2重に)、手袋(濡れるので2つ)、軍手
・タオル(汚れて良いやつも2枚ほど)、ティッシュ、飲み物、おやつ用の食べ物、ホッカイロ、酔い止め、洗顔ペーパー
・リップクリーム、ハンドクリーム、LEDライト(ペンライト、ヘッドライト)、耳栓、スマホバッテリー、ビニール袋多め
・暇つぶし用の本

※ホッカイロは足元、腹、背中に貼れ
 靴下は2重に履け

ジグは40gぐらい。
磯で根魚やるならブラクリに魚の切り身。
投げ釣りもリーダー無いと歯で切られる

2019.01.03 | 海釣り | Comments(2) | Trackback(0)

2018.10.06  横須賀方面海釣り釣行

本日は横須賀方面に知り合いと海釣りに行ってきました。
DSC_3328.jpg


この日はだらだら釣行なので、10時ちょっと前に釣り場最寄の駅に到着。
そのまま、近くの釣具のポイントに行き、この付近で無難に釣れる魚種を聞いて仕掛けと餌を購入。

買ったのは仕掛けはサビキ、ブラクリ、ちょい投げ仕掛け。
餌は、チューブタイプのサビキ用餌、アオイソメ、キビナゴ。
アジやイワシが回遊してきたらサビキ、足元やテトラでブラクリ、暇だったらチョイ投げで何かしら釣れれば良いかなという感じ。


まずは横須賀の海辺釣り公園へ。
足場や水場もしっかり管理されていてきれいな釣り場。
さらには入場料も無しとお得な場所です。

DSC_3327.jpg

DSC_3329.jpg

とりあえず空いていた場所に入り釣り開始。
足元を見るとイワシや一回り大きな魚が見えるので、サビキ釣りから。

コマセを入れると魚は寄ってくるも、針には全くかからず。
しばらくやるも釣れないので、ブラクリで足元のヘチ狙いに変更。

イソメを付けて落とすと直ぐにアタリが来ますが、魚が小さいようで針掛かりせず。
何度もアタリがあるも全く釣れないので、ケースから出てきたフライ用の針に小さくイソメを付けます。
すると2回空中でオートリリースを連続したあとに、小さいアタリの主が判明。
DSC_3332.jpg
ハオコゼ。
最初は小さいカサゴかと思って掴みそうになるも、背びれが違ったので用心してペンチでリリース。
リリース後周囲を見たら「毒魚に注意」の看板に、ハオコゼの画像が・・・。
触らなくて良かったです。

その後はハオコゼを何匹か釣りますが他の魚は釣れず。
時折サバなどが釣れているようですが、全体的に渋い様子。
昼間過ぎまで粘りますが、我々には釣れる様子がないので場所移動。



ちょっと歩いて、移動先は岸壁沿い。
上から様子を見ると岸壁際に魚が集まっていたので狙ってみることに。

岸壁エリアでは根魚が居そうな雰囲気だったので、ブラクリにイソメで狙います。
いかにもな岸壁の角にブラクリを落とすと狙い通りにヒット。
DSC_3335.jpg
15センチぐらいのムラソイ。


DSC_3336.jpg
今度は餌をキビナゴに代え岸壁沿いでチビカサゴもヒット。

そのほか、ハオコゼやウミタナゴも釣れ、知り合いもココでカサゴやムラソイをゲット。
ここでは1時間半ほど釣りましたが、アタリが遠のいたので場所移動。


また少し歩いて漁港沿いの岸壁。
ここも釣りが出来るように整備されており、釣り人も多数。
DSC_3337.jpg

足元には多数の魚が群れていたので釣ってみることに。
まずは足元でサビキをやります。

ここの魚もコマセを撒くとやたらと寄ってきますが、ウミタナゴとかの魚のようで針掛かりせず。
そのまま1時間ぐらい何もありませんでしたが、4時過ぎぐらいから周囲の人にアジやサバがポツポツと釣るように。

そして我々のサビキの周辺にもアジだかサバだか、今までの魚と泳ぎ方の違う魚がやってくるようなります。
そのまま5時近くになると、足元への回遊が始まったようで、パタパタと釣れはじめて時合いに。

バラシも多数ありましたが、最終的には2人で十数匹を釣ることが出来てそれなりの釣果になりました。
DSC_3340.jpg

6時前にコマセ用の餌も無くなり、周囲も暗くなったので釣り終了。
行き当たりバッタリの釣りでしたが、ブラクリでの根魚に、サビキでのアジ&小サバと釣果にも恵まれ楽しむことが出来ました。


 

2018.10.06 | 海釣り | Comments(0) | Trackback(0)

2018.04.30  真鶴方面のロックフィッシュ釣行

本日は真鶴方面にロックフィッシュを狙いに行って来ました。
DSC_2982.jpg

現地には9時ごろに到着し釣り開始。
今回は足元の穴釣りよりも少し投げる釣りをテーマに頑張ります。

なのでポイントはゴロタよりも岩場の磯的な場所を中心に狙います。
DSC_2989.jpg


この日は天気は良いのですが思ったより風が強く、キャストするとラインが流されたり、うねりにワームが巻き込まれて難しい。
何度か根掛かりしながらも頑張ると開始1時間以上たってやっと1匹目。
DSC_2987.jpg

タイミングなのか1匹釣れだすとポロポロと続きます。
DSC_2991.jpg


ワームで釣れたので今度はライトジグ練習。
こんなさらしの中に投げ込んでボトムを飛び跳ねるイメージで誘います。
DSC_2997.jpg

すると早々にヒット!
DSC_2995.jpg
やはりワームよりもジグで釣れると嬉しいですね。

その後はライトテキサスのずる引きでもヒット。
DSC_2998.jpg

こんな場所の岩陰を狙うと
DSC_3001.jpg

20cm有る無しの良いサイズが釣れます。
DSC_3004.jpg

磯エリアにも行ってみましたが、太刀打ちできず早々に撤退。
DSC_3005.jpg

お昼過ぎまで釣っていましたが、徐々に潮が満ちてきたので場所移動。
このエリアでは8匹と普段より少なかったですが、投げて釣ったのでサイズは大半が15cm越え。
クーラーボックス持ってこなかったのが悔やまれます。


場所移動してゴロタ浜エリア。
DSC_3007.jpg

ここでは遠投ジグを投げて釣る作戦。
しかし、沖は海草が多いようで投げると海草がつれたり、根掛かり多発であっという間にジグが減っていきます。

強風&満ち潮でなかなか思う場所を狙えませんが、海草と岩場の境目付近を狙っていきやっと1匹追加。
DSC_3009.jpg

その後も狙っていきますが、根掛かりの連続と波を何度かかぶり気持ちが折れたので16時過ぎに終了。
結果は9匹で若干少なめでしたが、普段よりもサイズは良いのが多く、とりあえず課題だった投げて釣ることが出来たので満足です。



---釣行メモ---
大潮
干潮10:40 19cm
満潮17:12 157cm

2018.04.30 | 海釣り | Comments(0) | Trackback(0)

2018.02.25  三浦半島でアジ釣り

3月25日は三浦半島に仕立て船で海釣りに行ってきました。
DSC_2638.jpg

今回の目的はアジと、回遊があればワラサ狙い。
昨年12月は同じ船でワラサを釣ることが出来たので期待が出来ます。
2017.12.17 三浦半島でワラサをゲット


出船は明るくなった6時過ぎ。
今回もタックル、餌、仕掛け類は船で借りたので手ぶらで乗船。
電動リールのセットに、コマセ兼食わせのオキアミで挑みます。

DSC_2640.jpg


港から10分ほど走ってポイントへ。
まずは船長さんからレクチャーを受けて釣り開始。
レクチャーの時点で早速釣れたので今日はよさそうな雰囲気です。

朝のうちはほぼ入れ食い状態。
25cmぐらいのアジがぼんぼん釣れます。
DSC_2643.jpg

時には2匹がかりも。
DSC_2641.jpg


有る程度アジが釣れたので、船長さんが青物狙いで試しにアジの泳がせ仕掛けを入れます。
泳がせは反応は悪いようですが、1時間ほどして忘れたことにヒットし、65cmぐらいのワラサが釣れます。
ワラサが廻ってきたということでこちらも泳がせ仕掛けを入れますが、こちらは残念ながら最後まで反応無し。

11時ぐらいまでひたすらアジを釣って、最後は大型のアジが釣れるポイントへ移動。
こちらでも30cm有るか無いかの一回り大きいサイズが釣れますが、船長さんが狙ってたサイズではない様子。
最後まで大物を狙いますが昼過ぎに風が強くなってきたので終了。


釣果は2人でアジ50~60匹ぐらい。
DSC_2651.jpg

DSC_2652.jpg

釣れたアジは持ち帰ったものの一人で食べきれる量ではないのでおすそ分け。
カワハギ釣りでお世話になっている人のうちに持っていったら、早速御造りとお寿司を作って食べさせてもらいました。
DSC_2654.jpg

DSC_2655.jpg

さらにその足で知り合いのうちに行ってアジを調理して食べます。
見た目がアレですが、お刺身となめろうと揚げ物で美味しくいただきました。
DSC_2656.jpg


さらに冷蔵庫にアジが沢山いるので、今週は暫くアジを楽しむことが出来そうです。

 

2018.02.25 | 海釣り | Comments(0) | Trackback(0)

«前のページ  | HOME |  »次のページ

 


SUROISUのTwitter

プロフィール

スロイス

Author:スロイス
さいたま周辺の荒川・入間川・びん沼・新河岸川放水路とかに自転車でブラックバスを釣りに出没中。
たまに登山とか、冬はスノボーとか。

より詳細なプロフィールはこちらから。
スロイスのプロフィール

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索