スロイスが勝手にオススメするエントリー

2008.08.01  今年も富士登山その2

前回の続きで、7月19日、20日に富士登山にいった話です。
今回は頂上のお鉢巡りと、下山編。

頂上に登ってから、左回りでお鉢巡りです。



浅間神社 浅間神社
まずは浅間神社。

お鉢
裏手に回って、お鉢(噴火口)を見下ろします。
この写真だと分かりにくいのですが、結構深いです。



剣ヶ峰 剣ヶ峰
反対側には観測所跡地と剣ヶ峰が見えます。
あそこが日本で一番高い場所。

雲海 雲海
遥か下に雲海を眺めながらモリモリ歩きます。
雲が厚くて、あの上を歩けそうです。



きのこ雲
きのこ雲みたいなのもありました。
あそこだけ極端に気圧が低いのでしょうか?

銀明水
銀明水という水が湧いているらしい場所。
残念ながら、水自体は何処に沸いているのか分からず。

浅間神社 浅間神社
浅間神社の本宮だと思われる場所。
ちょっと前なのですが、6月ごろにとある場所の浅間神社の神主さんにお払いを受けました。
そのとき神主さんが「浅間神社のお払いを受ければ、富士山に登ったのと同じご利益がある」と仰っていました。ことしは、これで富士山2回分のご利益が有るのでしょうか?
(ちなみに、そのお払いを受けた時にもうひとり、8月頃に富士山に登る人がいたり)

郵便局
こっちは富士山頂の郵便局。
手紙を出す相手が居ないのでスルー(笑



ヤマセンコー ヤマセンコー
そして、お約束の。○○○○○ーことヤマセンコー。
今日本で一番ご利益のあるヤマセンコーに違いありません(笑

ヤマセンコー写真を撮りつつここでしばし休憩。
最後の難関、剣ヶ峰への馬の背に備えます。

馬の背 馬の背
こいつが馬の背です。
ここに来て、この傾斜は結構つらい。
しかし、馬鹿なスロイスさんとその友人はとっても頭が弱いので、走って登ったら酸欠になりかけたり。呼吸が出来なくて、死にそうになりました。
3776mの酸素の薄さは半端じゃないです。

富士山剣ヶ峰 富士山剣ヶ峰 富士山剣ヶ峰
そしてついに、3776m。日本一高い場所、富士山剣ヶ峰へ。
せっかく撮った写真ですが、石碑が反射して何が書いてあるのか分からない(笑
なので、一昨年登ったときの写真が携帯にあったので、これで代用。(以下2枚が一昨年の携帯の写真)
富士山剣ヶ峰 富士山剣ヶ峰


水準点 石碑
日本で一番高い場所の水準点と、何かの石碑。


これで、一番高い場所に上ったので、後は下山です。
下山道までゆっくり歩いていって、下山前にしばし休憩。
下山前にトイレに行こうと思ったのですが、凄い列なので行くのを諦めます。
で、下山開始。

下山開始
下山道から、我々が登ってきた登山道を見てみますが、未だに大行列。

下山道 下山道
下山道はこんな火山灰と小石の路を、九十九折れに下っていきます。
下りは膝に負担をかけないように特殊な降り方をしていきます。
そして、やっぱり我々は馬鹿なので、くだりもハイペース。
他の下山者をごぼう抜き。

下山道 下山道
下山道の足元は、火山灰が舞ってひどいことに。
降りた後に、鼻をかんだら真っ黒で、顔や頭もジャリジャリしてました。
来年はマスクを忘れないようにします。

分かれ道
これが下山道の運命の分かれ道。
本来左に行かねばならないのですが、去年は気がつかず右側に行ってしまい大変なことに。
この看板を見つけるまで、分かれ道ごとにビクビクしてました。

九十九折れ
九十九折れの下山道です。これをひたすらクネクネ降りていきます。

6合目辺り
そして、九十九折れが無くなった辺りまで来ると6合目も間近。
この辺りから草も生えてきます。

富士山
登ってきた所を振り返って見ます。
あの頂上から降りてきました。

6合目からは森の中を抜けて、5合目へ。ついにゴールイン。
下山時間は1時間50分。過去最高記録でした。
その代償に、スロイスさんのトレッキングシューズが崩壊していました。
トレッキングシューズ


下山してからは、後は帰るだけです。
とりあえず、高速バスのチケット売り場へ直行。
係員さんに始発の11時のバスのチケットがあるか聞きましたが、あいにく満席。
なので、12時のバスがあるか聞きましたが、満席と。
仕方が無いので「座席が空いてる一番早い時間のバスは何時ですか?」と聞いたら。
12時が有りますよ」と。

え?数秒前に12時は満席とか行ってましたよね?
言い方がまずかったですか?
意味はちょっと違うけど、朝三暮四ですか?

とりあえず12時までまだ2時間近く有るので、休憩&着替え。
顔を洗ったり着替えたりしますが、下山道のせいで何もかも真っ黒。
服もズボンもリュックも酷い有様です。

着替え終わって、まったりしてたら電話が来ました。
出てみると、Sさん。
丁度荒川でつりを終えたところで、4匹でたとか。
相変わらず釣り過ぎです。(後で聞いたら実際は5匹で、小さいのは数に数えなかったとか)

バスの時間も近くなってきたので、バス乗り場へ。
しかし、定刻の12時になっても、バスが来る気配がありません。
どうやら渋滞で遅れてるようです。
しかも、このバス乗り場、観光バスやら、路線バスやら、高速バスやらがたくさん来るので、どれがどのバスだか。

結局1時間20分位待って、臨時のバスが来たのでそれに乗ることに。
スロイスさんは乗れたのですが、座席番号が遅い友人はバスに乗ろうとすると、運転手さんに止められます。
どうも、手配した臨時バスが、小さい型のようで、発券したチケットの人全員乗れないようです。
というわけで、スロイスさんだけ先に出発。2時間半ほどバスに揺られて、16時前に新宿西口へ。
友人の方はその後のバスできて、新宿で合流しそのまま解散。

帰宅後は、後片付けと風呂に入って、次の日(21日)の、しのっちさんとの合同釣行に備えて夜の8時ぐらいに寝ました。


今回の富士登山ではついにご来光を拝めることができてよかったです。
来年はもう少し早いバスで出発して、山頂のご来光を拝むのを目標にします。

2008.08.01 | 登山 | Comments(4) | Trackback(0)

コメント

なぜゆえに富士山登山でヤマセンコーを持っていったのですか?でもきっとご利益ありそうですね。

2008-08-02 土 01:49:30 | URL | 会長 #- [ 編集]

ヤマセンコーはちょっとしたネタみたいなものなので、深く突っ込んではいけません(笑

おかげさまで、このヤマセンコーで、今日バスが1匹釣れました。
多分富士山の御利益のおかげだと思います。

2008-08-02 土 20:38:21 | URL | スロイス #- [ 編集]

待ってました、ヤマセンコー!!
スロイス釣り具店でぜひ「富士山ご利益付きヤマセンコー」を販売してください(笑)

登山道の大行列の写真を見て、ムスカの「見ろ、人がゴ○のようだ」というセリフが思い浮かんでしまった自分は単なるオタクかダメ人間か(汗)

朝三暮四(笑)
自分は高速バスにすら乗ったことがありませんが、意外とアバウトなんですね。

なんにせよ、無事御来光を拝めて良かったですね。
たくさんのきれいな写真や動画も見れてお腹いっぱいです。
そして今回は台風じゃなくて何よりでした(笑)

2008-08-03 日 13:14:13 | URL | しのっち #- [ 編集]

>しのっちさん

お約束のヤマセンコーです(笑
このヤマセンコー根掛りやら何やらで、既になくなりそうです。
富士山センコーをボッタクリ価格で売るので買ってください(笑

登山道の人の行列は凄かったです。
>「見ろ、人が~
は記事に書こうと思ったのは内緒です(笑

今回は台風でもなく、天候にも恵まれてご来光が拝めてよかったです。
来年は頂上でのご来光を目指します。

2008-08-03 日 21:56:21 | URL | スロイス #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«前のページ  | HOME |  »次のページ

 


FC2Ad

まとめ

SUROISUのTwitter

プロフィール

スロイス

Author:スロイス
さいたま周辺の荒川・入間川・びん沼・新河岸川放水路とかに自転車でブラックバスを釣りに出没中。
たまに登山とか、冬はスノボーとか。

より詳細なプロフィールはこちらから。
スロイスのプロフィール

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索