スロイスが勝手にオススメするエントリー

2009.04.16  ライブ2連発 Sound HorizonとFlogging Mollyのライブに行ってきました

最近ライブに行ってばかりなのですが、またまたライブに行ってきました。
今回は、4月10日にZepp TokyoでSound Horizon、4月15日にLIQUIDROOMでFlogging Mollyです。
Sound Horizonは物語音楽というかなんというかで、Flogging Mollyはアイリッシュパンクと、両バンドとも普段聞いてるハードロックやメタルとは違うのですが両バンドとも大好きなのでほぼ毎回ライブに行っています。



まずは4月10日にZepp TokyoでSound Horizon。
sh
今回の会場も、DRAGONFORCEとALL THAT REMAINSのライブで行ったZepp Tokyo。
会場してしばらくした頃に行ったのですが、会場近くでいつものロックやメタルのライブとは違う感じ、なんというかアウェー感。Sound Horizonのライブではこの空気になじむことから始まります(笑
今回はソロで来ているので列に並ぶのを諦めて開演近くまでその辺で時間を潰してから入場。

チケットは2階スタンディングでしたが、1階フロアもスタンディングなのでそっちでみればいいやとか思っていましたが、1階は人が多すぎ。DRAGONFORCEの時よりも人が居ます。
なので、素直に2階へ回って正面の見やすい位置で。

アルバム発売時のライブとは違う、第三次領土拡大遠征ツアーだったので色々な曲が楽しめましたが、相変わらずのグダグダのトークと寸劇(というか既に1つの劇)でちょっとげんなり。
メンバーの衣装チェンジとかで時間を潰さなくてはならないのは分かりますが、もう少しなんとか出来ないかなというのを思ったり。
おかげでライブは3時間オーバーの長丁場。

とりあえず曲は良いので楽しめました。
ノリも普段行くようなライブとは違って乗りにくいのもあったり・・・。

というわけでSound Horizonの曲をYoutubeから。
朝と夜の物語
奴隷達の英雄

・・・あ、うん。色々と突っ込みたいのはわかります。
でも好きなんですよ。
バイオリンの音色と、歌い手が多いのでボーカルラインが厚いのがたまりません。





さて次は4月15日のLIQUIDROOMでのFlogging Molly。
Flogging Molly

こっちはパンクバンド。パンクバンドといってもアイリッシュパンクとか言われているジャンルで、こちらもバイオリンが居たりします。
それ以外にもアコーディオン、バンジョー、マンドリン、笛などもはいるにぎやかなバンド。

今回はオープニングアクトにCIVETとSTREET DOGSなるバンドの演奏も。
CIVETは女性4人組でロック的な要素も強いパンクでした。CIVET演奏時は人もまばらで待ったりしていましたが、後半に元気な外人が乱入してきてモッシュが起こり、一気にヒートアップ。
ちなみにこの外人、最後のFlogging Mollyの時まで何度も倒れながら暴れていました。

STREET DOGSはストレートな正統派パンクな感じ。
この頃は客も結構入って盛り上がってました。

そして21時ごろに、いよいよFlogging Mollyのライブ開始。
開始と同時にフロア全体がモッシュピットに。
調子に乗って前方に居たので、演奏時間の1時間半あまり強制モッシュ。
いやー最高でした。途中なんどメガネが飛びそうになったことか(笑

普段はメタルとかのモッシュで楽しんでますが、パンクの軽い感じのモッシュもまたいいですね。
ライブが終わった後は汗だくで、クタクタでした。

というわけでFlogging Mollyの曲をYoutubeから。
Seven Deadly Sins
Drunken Lullabies

ニコニコ動画にもいいのがあったのでこちらも。
Flogging Mollyはオススメできるバンドなので、ちょっとでも聞いてもらえると嬉しいです。



2009.04.16 | ライブ | Comments(0) | Trackback(0)

«前のページ  | HOME |  »次のページ

 


FC2Ad

まとめ

SUROISUのTwitter

プロフィール

スロイス

Author:スロイス
さいたま周辺の荒川・入間川・びん沼・新河岸川放水路とかに自転車でブラックバスを釣りに出没中。
たまに登山とか、冬はスノボーとか。

より詳細なプロフィールはこちらから。
スロイスのプロフィール

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索