スロイスが勝手にオススメするエントリー

2014.12.28  世界遺産の富岡製糸場に行ってきました

今日は群馬県富岡市の実家へ帰るついでに、世界遺産および国宝となった富岡製糸場に行ってきました。

富岡製糸場は子供の頃から一般公開で何度か入ったことがあったので個人的に新鮮味は無いのですが、世界遺産になったと言う事で話のネタに見学することに。

PC281329.jpg


入場料金は大人500円(来年から値上がりするそうですが)。
年末の連休のためか人も多く、チケット購入に数分並んで入場。


まず目に入るのはアーチを持ったレンガ造りの「東繭倉庫」。
PC281327.jpg
ここの1階部分ではパネル展示、シアター、体験コーナーなどがありましたが結構込んでいたのでパネルを流し見しながら通過。

祖父母の家が養蚕農家をやっていて忙しい時期には手伝ったりもしたので、パネルに書かれていた養蚕の工程などは今見ると結構懐かしかったり。


お次は奥へ進んで「西繭倉庫」。
PC281297.jpg
長さは104m程あり、カメラに入りきらないほどの横幅。
ちなみに東繭倉庫も全く同じ大きさだそうです。


繭倉庫は近くで見るとこんな感じ。
PC281312.jpg

PC281315.jpg


途中には今年2月の大雪で倒壊してしまった「乾燥場」。
PC281324.jpg
修復工事を行っているようですが調査に時間がかかっているらしく、いまだ崩れたままになっていました。


富岡製糸場のシンボル的な煙突。
PC281321.jpg
富岡製糸場は昭和62年まで操業していたそうで、昭和5X年生まれの私は煙突から煙が出ていたのを見たことがあったりします。


今度は「繰糸所」。
繭玉から糸をつむぐ工程を行う場所。
PC281309.jpg

PC281299.jpg

メカメカしていて、そそられます。
PC281302.jpg


こちらは日本政府に雇われていたフランス人女性工女が住んでいた建物。
PC281314.jpg


そんなわけで富岡製糸場の見学は終了。
ツアーに参加しなければ、30分ほどで見終わってしまう感じでした。


ちなみにこちらは、富岡製糸場から下の鏑川を見下ろしたところ。
PC281305.jpg

私の釣りはこの鏑川でのハヤ釣りから始まったので、いわばホームリバーです。
それと左端方向にある団地に子供の頃住んでいたので、子供の頃は毎日富岡製糸場を眺めていました。
そのため、富岡製糸場が世界遺産といわれてもいまいちピンとこなかったり(笑



 

2014.12.28 | 行ってきました | Comments(2) | Trackback(0)

コメント

見学お疲れ様でした!
富岡製糸場は行ってみたいですね~。
大○湖のバスも一度釣ってみたいです(^^ゞ

2014-12-30 火 16:22:47 | URL | koji #- [ 編集]

>kojiさん
富岡製糸場は以外に見る場所が少なくて、ちょっとがっかりでした。
見学場所もまだ整備途中のようなので、今見に行くのはまだ早いかもです。

大○湖は私の学生時代のホームレイクでした。
とは言っても、バスの数が多いわけでもなく年に数匹しかつれませんでしたが(笑

富岡市の近くにこられた際には是非行ってみてください!

2014-12-30 火 18:37:36 | URL | スロイス #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«前のページ  | HOME |  »次のページ

 


FC2Ad

まとめ

SUROISUのTwitter

プロフィール

スロイス

Author:スロイス
さいたま周辺の荒川・入間川・びん沼・新河岸川放水路とかに自転車でブラックバスを釣りに出没中。
たまに登山とか、冬はスノボーとか。

より詳細なプロフィールはこちらから。
スロイスのプロフィール

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索