スロイスが勝手にオススメするエントリー

2018.03.25  HELLOWEENのライブ『PUMPKINS UNITED』に行ってきました。

3月24日はZepp TokyoにHELLOWEENのライブ『PUMPKINS UNITED』を見に行ってきました。

helloween_header.jpg

今回はHELLOWEENファンにとっては待望の、カイ・ハンセンとマイケル・キスクがバンドメンバーとして参加するライブ。
このメンバーで日本にもやってくると聞いて、チケットを取ったときからずっとわくわくしていました。

HELLOWEENとGAMMARAYのカップリングツアーである、2008年の「HELLISH ROCK PART」と2013年の「HELLISH ROCK PARTⅡ」にも参加し、カイ・ハンセンがHELLOWEENの曲を演奏するのは見ているのですが、今回はメンバーとして参加しさらにキスクがいるということで、否が応にも期待が高まります。


チケットは完売との事で会場は満員。




ライブはほぼ定刻どおりスタート。
セットリストはこんな感じ。




いきなり大曲のHELLOWEENからスタート。
HELLOWEENのステージにカイ・ハンセンとマイケル・キスクがいるというだけで大興奮。
15分近い曲なのにあっという間に終わってしまいました。

ライブの曲はそれぞれのメンバーをモチーフにしたアニメーションがスクリーン映し出され、そのメンバー時代の代表曲を演奏していく演出。

キスク時代は事前情報から「Rise and Fall」かと思ってたら、まさかの「Kids Of The Century」。
何気に日本で初演奏らしいです。

カイ時代は「Starlight」「Ride the Sky」「Judas」「Heavy Metal is the Law」。
正直ボーカルとしてはアレなのですが、あのシャウトから始まる「Starlight」が聴けただけでもライブチケット代は元が取れました。

ドラムソロは今は亡きインゴの映像と、それにあわせたダニの演奏でぐっと来ました。

そんな感じでそれぞれのメンバー時代を代表した新旧の人気曲を演奏し、あっというまに本編終了。

アンコールは皆大好き「Eagle Fly Free」。
今までのライブで幾度と無く「Eagle Fly Free」を聴いてきましたが、キスクの歌う原曲と同じキーは初めて。

アンコール最後はお約束の「I Want Out」。
キスクの歌う「I Want Out」は何時ぞやのLOUD PARKのUNISONICで聴いているのですが、あの時と変わらずハイトーンにしびれました。


そんなわけで3時間近いライブもアッと言う間に終了。
このメンバーでのライブなら何時間でも見ていられます
またいつかオリジナルメンバーを含んだ形での来日をしてもらいです。



2018.03.25 | ライブ | Comments(0) | Trackback(0)

«前のページ  | HOME |  »次のページ

 


FC2Ad

まとめ

SUROISUのTwitter

プロフィール

スロイス

Author:スロイス
さいたま周辺の荒川・入間川・びん沼・新河岸川放水路とかに自転車でブラックバスを釣りに出没中。
たまに登山とか、冬はスノボーとか。

より詳細なプロフィールはこちらから。
スロイスのプロフィール

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索