スロイスが勝手にオススメするエントリー

2008.02.09  見沼用水路探検その5

前回からの続き
見沼用水東縁から、見沼通船堀へスロイスさんが向かいます。


水門
ここの水門で、見沼用水路東縁とお別れして、見沼通船堀へ。

見沼通船堀 見沼通船堀
通船堀で祭りだかがあると、ここに船を通すらしいのですが、今は水が全く流れてません。
堀というよりも、小川のようです。

閘門
閘門です。
通船堀の高低差でも船が行き来できるように、一時的にダムを作って水位の上げ下げをするためのものらしいです。
通船堀には閘門がいくつかありました。

重厚な金属製の水門とか堰とかには、非常に魅かれるのに、木製だといまいちな感じが・・・。
この辺が属性ってやつなんですかね。
今度は船を通すときにでも来て見て、木製閘門の本気を拝みにきますか。


合流点
東側の通船堀を抜け、芝川との合流点。

合流点
向こう岸の橋のしたは、通船堀西側と芝川の合流点。

合流点
今度は西側から、東側の合流点。
これだけで見ると川に流れ込んでいるどぶ川みたい。
これが歴史的に価値がある堀だと、言われないと分かりません。

通船堀
今度は西側の通船堀。
ここからは、前に探検に来た順序を逆にたどります。

見沼用水西縁
そんなこんなで、見沼用水西縁へ。

武蔵野線 新見沼大橋
武蔵野線の線路をくぐり、新見沼大橋もくぐります。
このへんは前回通ったコースの逆走なので適当に端折ります。

氷川女体神社 氷川女体神社
そして、氷川女体神社ですよ。女体。
しかも氷川神社とともに、武蔵国一位の位の神社らしいじゃないですか。
期待に胸を脹らまし、階段を登ってみると。




氷川女体神社  氷川女体神社 
あ、うん。
確かに神社ですね。普通の。

ほら、女体っては氷川神社と対を成してるってのは分かるんですが、一の宮なのに普通すぎる。
実家の近所に上州一の宮の貫前神社があるんですが、氷川神社に比べれば規模は小けど、それなりの大きい社とかあるんですよ。
それが、ここは凄く普通すぎる神社。
もうちょっとインパクトが欲しかったです。


氷川女体神社
神社の看板に、色々ないわれが書かれていました。
女性の神様を祭ってるから、女体神社らしいです。

お参りをして軽く境内を回った後は、再び出発。


ネコ
第二産業道路の高架下で、いつものネコたちと軽く戯れます。

ゴール
そして、しばらく行ってスタート地点の橋にたどり着いて、ゴール。

今回のコース

2008.02.09 | 探検 | Comments(2) | Trackback(0)

コメント

ついに感動のゴールですね!
それにしてもこれを一日で回られたのですねぇ・・・
意外にスロイスさんも物好きですなぁ(笑)

“属性”という言葉に思わず噴出してしまいました。
世の中いろんな属性の方がいらっしゃるんですね(笑)

女体神社は普通でしたねぇ。
もっと女体っぽくすれば参拝客も増えると思うのですが・・・
歴史ある神社のようですので、良くも悪くもその辺が邪魔しているのかもしれませんね。
でも、女体神社気になっていたのでスッキリしました。
ありがとうございます(笑)

2008-02-09 土 23:09:38 | URL | しのっち #- [ 編集]

無事にゴールできました。

回ってくるといっても多分20Kmぐらいですから。
本当はもっと遠くまで行って見たいのですが、
シティーサイクルじゃ帰ってこれなくなりそうです(笑

今回初めて自分の属性が分かったので、大きな発見です。
女体神社に巫女さんでも居れば、そっち方面の属性も発見も出来たかもです(笑

神社は正直いまいちでしたが、散歩してる人とかも何人か居たので、
近所の憩いの場所にはなってるみたいです。
参拝用・観光用は男(大宮の氷川神社)にお任せって所なのかも。

2008-02-11 月 21:02:04 | URL | スロイス #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«前のページ  | HOME |  »次のページ

 


FC2Ad

まとめ

SUROISUのTwitter

プロフィール

スロイス

Author:スロイス
さいたま周辺の荒川・入間川・びん沼・新河岸川放水路とかに自転車でブラックバスを釣りに出没中。
たまに登山とか、冬はスノボーとか。

より詳細なプロフィールはこちらから。
スロイスのプロフィール

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索