FC2ブログ

スロイスが勝手にオススメするエントリー

2018.10.06  横須賀方面海釣り釣行

本日は横須賀方面に知り合いと海釣りに行ってきました。
DSC_3328.jpg


この日はだらだら釣行なので、10時ちょっと前に釣り場最寄の駅に到着。
そのまま、近くの釣具のポイントに行き、この付近で無難に釣れる魚種を聞いて仕掛けと餌を購入。

買ったのは仕掛けはサビキ、ブラクリ、ちょい投げ仕掛け。
餌は、チューブタイプのサビキ用餌、アオイソメ、キビナゴ。
アジやイワシが回遊してきたらサビキ、足元やテトラでブラクリ、暇だったらチョイ投げで何かしら釣れれば良いかなという感じ。


まずは横須賀の海辺釣り公園へ。
足場や水場もしっかり管理されていてきれいな釣り場。
さらには入場料も無しとお得な場所です。

DSC_3327.jpg

DSC_3329.jpg

とりあえず空いていた場所に入り釣り開始。
足元を見るとイワシや一回り大きな魚が見えるので、サビキ釣りから。

コマセを入れると魚は寄ってくるも、針には全くかからず。
しばらくやるも釣れないので、ブラクリで足元のヘチ狙いに変更。

イソメを付けて落とすと直ぐにアタリが来ますが、魚が小さいようで針掛かりせず。
何度もアタリがあるも全く釣れないので、ケースから出てきたフライ用の針に小さくイソメを付けます。
すると2回空中でオートリリースを連続したあとに、小さいアタリの主が判明。
DSC_3332.jpg
ハオコゼ。
最初は小さいカサゴかと思って掴みそうになるも、背びれが違ったので用心してペンチでリリース。
リリース後周囲を見たら「毒魚に注意」の看板に、ハオコゼの画像が・・・。
触らなくて良かったです。

その後はハオコゼを何匹か釣りますが他の魚は釣れず。
時折サバなどが釣れているようですが、全体的に渋い様子。
昼間過ぎまで粘りますが、我々には釣れる様子がないので場所移動。



ちょっと歩いて、移動先は岸壁沿い。
上から様子を見ると岸壁際に魚が集まっていたので狙ってみることに。

岸壁エリアでは根魚が居そうな雰囲気だったので、ブラクリにイソメで狙います。
いかにもな岸壁の角にブラクリを落とすと狙い通りにヒット。
DSC_3335.jpg
15センチぐらいのムラソイ。


DSC_3336.jpg
今度は餌をキビナゴに代え岸壁沿いでチビカサゴもヒット。

そのほか、ハオコゼやウミタナゴも釣れ、知り合いもココでカサゴやムラソイをゲット。
ここでは1時間半ほど釣りましたが、アタリが遠のいたので場所移動。


また少し歩いて漁港沿いの岸壁。
ここも釣りが出来るように整備されており、釣り人も多数。
DSC_3337.jpg

足元には多数の魚が群れていたので釣ってみることに。
まずは足元でサビキをやります。

ここの魚もコマセを撒くとやたらと寄ってきますが、ウミタナゴとかの魚のようで針掛かりせず。
そのまま1時間ぐらい何もありませんでしたが、4時過ぎぐらいから周囲の人にアジやサバがポツポツと釣るように。

そして我々のサビキの周辺にもアジだかサバだか、今までの魚と泳ぎ方の違う魚がやってくるようなります。
そのまま5時近くになると、足元への回遊が始まったようで、パタパタと釣れはじめて時合いに。

バラシも多数ありましたが、最終的には2人で十数匹を釣ることが出来てそれなりの釣果になりました。
DSC_3340.jpg

6時前にコマセ用の餌も無くなり、周囲も暗くなったので釣り終了。
行き当たりバッタリの釣りでしたが、ブラクリでの根魚に、サビキでのアジ&小サバと釣果にも恵まれ楽しむことが出来ました。


 

2018.10.06 | 海釣り | Comments(0) | Trackback(0)

«前のページ  | HOME |  »次のページ

 


FC2Ad

まとめ

SUROISUのTwitter

プロフィール

スロイス

Author:スロイス
さいたま周辺の荒川・入間川・びん沼・新河岸川放水路とかに自転車でブラックバスを釣りに出没中。
たまに登山とか、冬はスノボーとか。

より詳細なプロフィールはこちらから。
スロイスのプロフィール

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索