スロイスが勝手にオススメするエントリー

2008.02.25  地獄の石打丸山スノーボード

23日/24日と泊まりで友人と石打丸山スキー場へスノーボードへ行ってきました。

そう、このときは日本海側を中心にほぼ全国で大荒れでした。
事前の天気予報で天候が悪いのは分かっていましたが、まさかこんなに大変なことになろうとは。


新幹線で大宮から越後湯沢へ。
今回も新幹線は劇混みで、立ったまんまでした。
越後湯沢駅へ着いて、今度はバスで移動。
今回は間違えず正しいバスに乗れました。

石打丸山スキー場のハツカ口へ着いて、着替えてゲレンデへ。
石打丸山
晴天です。滑っていたら暑くて汗が出るぐらいでした。

湯沢駅側
越後湯沢の町並みも見渡せます。


吹雪 吹雪
ところが段々天候が怪しくなってきて、しまいには吹雪いてきました。

猛吹雪  猛吹雪
視界も悪くなってこんな感じ。
周りが全く見えません。

ゴーグル
さらにさらに、寒さのためゴーグルの内側が凍って視界がゼロ状態に。
こうなると足元さえ見えず、一人ホワイトアウト状態。
自分が今滑っているのか、止まっているのかすらも分からず気持ち悪くなります。
汚い話ですが、滑って吐きそうになりました。

その後は心が折れて、休憩場所に逃げ込んで寝てました。
2時間ぐらい休んで何度か滑りましたが寒い。寒すぎます。
滑っていて、髪の毛や口元を守るために巻いているマフラーが凍りつくほど。

午後になって一度下山。
ふもとのショップに避難してラーメンをすする。
だって寒いんだもの。
そして、その後は強風のため次々とリフトが止まる。

そして、2日券を買っていたので、人が居なくなった1日目のナイターで頑張ることに。
ナイター

ですが、1度滑った後ナイターコースのリフトも強風で止まってしまい、全く滑れない状況に。
しかし、こんなことでめげるスロイスさんではありません。
ボードを担いでコースを登ります。距離は500mぐらい。
上につくころにはふらふらで、酸欠状態。
多分気温は氷点下5度とか6度とかで、強風で体感温度は氷点下10度ぐらいだと思うのですが、雪の上にぶっ倒れてると冷たくて凄く気持ちいい。
そのまま寝ちゃいそうでした。
まぁ、寝たら本気で死ぬと思いますが(笑

ナイター ナイター
でも人が全く居なくて快適です。

なんどか自力登山して、滑ってたらまねして登って来る人も。
本日の自力登山のパイオニア的存在になってしまいました。
そして、ナイターで8時ぐらいまで滑って終了。


吹雪 吹雪
ちなみに吹雪いているときはこんな感じ。


その後は徒歩で本日の宿泊場所へ移動。


続く

2008.02.25 | スノーボード | Comments(0) | Trackback(0)

«前のページ  | HOME |  »次のページ

 


FC2Ad

まとめ

SUROISUのTwitter

プロフィール

スロイス

Author:スロイス
さいたま周辺の荒川・入間川・びん沼・新河岸川放水路とかに自転車でブラックバスを釣りに出没中。
たまに登山とか、冬はスノボーとか。

より詳細なプロフィールはこちらから。
スロイスのプロフィール

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索