FC2ブログ

スロイスが勝手にオススメするエントリー

2014.12.28  世界遺産の富岡製糸場に行ってきました

今日は群馬県富岡市の実家へ帰るついでに、世界遺産および国宝となった富岡製糸場に行ってきました。

富岡製糸場は子供の頃から一般公開で何度か入ったことがあったので個人的に新鮮味は無いのですが、世界遺産になったと言う事で話のネタに見学することに。

PC281329.jpg


入場料金は大人500円(来年から値上がりするそうですが)。
年末の連休のためか人も多く、チケット購入に数分並んで入場。


まず目に入るのはアーチを持ったレンガ造りの「東繭倉庫」。
PC281327.jpg
ここの1階部分ではパネル展示、シアター、体験コーナーなどがありましたが結構込んでいたのでパネルを流し見しながら通過。

祖父母の家が養蚕農家をやっていて忙しい時期には手伝ったりもしたので、パネルに書かれていた養蚕の工程などは今見ると結構懐かしかったり。


お次は奥へ進んで「西繭倉庫」。
PC281297.jpg
長さは104m程あり、カメラに入りきらないほどの横幅。
ちなみに東繭倉庫も全く同じ大きさだそうです。


繭倉庫は近くで見るとこんな感じ。
PC281312.jpg

PC281315.jpg


途中には今年2月の大雪で倒壊してしまった「乾燥場」。
PC281324.jpg
修復工事を行っているようですが調査に時間がかかっているらしく、いまだ崩れたままになっていました。


富岡製糸場のシンボル的な煙突。
PC281321.jpg
富岡製糸場は昭和62年まで操業していたそうで、昭和5X年生まれの私は煙突から煙が出ていたのを見たことがあったりします。


今度は「繰糸所」。
繭玉から糸をつむぐ工程を行う場所。
PC281309.jpg

PC281299.jpg

メカメカしていて、そそられます。
PC281302.jpg


こちらは日本政府に雇われていたフランス人女性工女が住んでいた建物。
PC281314.jpg


そんなわけで富岡製糸場の見学は終了。
ツアーに参加しなければ、30分ほどで見終わってしまう感じでした。


ちなみにこちらは、富岡製糸場から下の鏑川を見下ろしたところ。
PC281305.jpg

私の釣りはこの鏑川でのハヤ釣りから始まったので、いわばホームリバーです。
それと左端方向にある団地に子供の頃住んでいたので、子供の頃は毎日富岡製糸場を眺めていました。
そのため、富岡製糸場が世界遺産といわれてもいまいちピンとこなかったり(笑



 

2014.12.28 | 行ってきました | Comments(2) | Trackback(0)

2012.10.14  筑波宇宙センターと筑波山神社へ行ってきました

10月13日の土曜日に、JAXAの筑波宇宙センターが一般公開されるとのことで、見学をしに行ってきました。
筑波宇宙センター


まずは、自転車を担いで、つくばエクスプレスにてつくば駅へ。
つくば駅で自転車を組み立て2kmほど走って筑波宇宙センターへイン。
筑波宇宙センター


施設についてからは最初にスペースドームなるエリアで、人工衛星やロケットのエンジンなどを見学。
写真は微妙なのしか撮れませんでしたが、今までに日本が打ち上げた様々な人工衛星や、宇宙ステーション補給機(HTV)の実物大模型などがありました。
筑波宇宙センター
筑波宇宙センター
筑波宇宙センター


お次は施設をぐるっと回りつつ、宇宙ステーション運用棟にて、国際宇宙ステーションの日本の実験棟である「きぼう」の運用管制室と、同じく国際宇宙ステーションの物資補給機である「こうのとり(HTV)」の運用管制室を見学。
こちらは残念ながら写真撮影禁止でした。


そしてお次は宇宙飛行士の訓練施設。
こちらでは実際に宇宙飛行士が訓練した設備を見学。
筑波宇宙センター

で、とりあえず見るものを見終わったので筑波宇宙センターから脱出。
筑波宇宙センターの一般公開は大人が見ても楽しめましたが、子供向けのイベントもや催しも沢山あったので、子供連れで行かれるとより楽しめるかと思います。




お次は北にそびえる筑波山へと向かいます。
筑波山


途中で軽くコンビニ休憩して、いざ筑波山へ。
とりあえず最短距離ということでほぼまっすぐ筑波山へ向かいます。
しかし、それが仇となり、とんでもない急勾配の坂をひたすらまっすぐ進むことに・・・
筑波山
筑波山


進んでも進んでも狭くて急な坂しか見えず限界になりかけたところで、やっと中腹の観光地街へ到着。
ここでとりあえず筑波山神社へ参拝。
筑波山神社
筑波山神社
境内をぐるっと周り、がまの油売りの口上をききつつ、ケーブルカー乗り場で休憩。
時間が有れば山頂までいきたかったのですが、今回は断念。


少し休憩をしたところで、今度は西へ30kmぐらい走り古河駅へ向かいます。
登りはあれだけ苦労した坂も、県道42号を使ってわずか5分ぐらいで下山。
くだりは50kmぐらいスピード出て楽しい。今度本格的にダウンヒルもやりたくなります。


途中はこんな道を通り抜けたり
古河へ

小貝川を渡り
小貝川

鬼怒川を渡ったりして
鬼怒川


ひたすら国道125号を西へ走ります。
残り15km付近から疲労からかチャリを漕ぐペースがどんどん落ちていきましたが、17時30分過ぎぐらいに無事古河駅へ到着。
そして電車に乗り込み無事自宅へ。



この日の走行距離は約72kmでした。
走行距離



走行ルートはこんな感じ。

より大きな地図で 2012/10/13 つくば-古河走行ルート を表示




そのあとはさらにさいたま新都心のMOVIXさいたまのレイトショーで、「劇場版 魔法少女まどかマギカ」の後編を見に行ったのは秘密の方向で。




 

2012.10.14 | 行ってきました | Comments(6) | Trackback(0)

2012.01.30  沼影公園のスケートリンクに行ってきました

1月29日の日曜日に武蔵浦和にある沼影公園のスケートリンクにスケートをしに行ってきました。

沼影公園のスケートリンク

実にスケートをするのは十数年ぶり。
若干上手く滑れるのか不安でしたが、友人に誘われたのでとりあえず出撃。

自宅からはギャンガーにて20分ぐらいで到着。
まずは料金の使用料630円と貸靴代の350円を払って入場。

リンクは思ったよりは狭く、そして子供や家族連れの人が多い。
我々オッサン2人組みは若干浮いている感じ・・。

とりあえずスケート靴に履き替えてリンクを軽く数周流します。
そのうちにだんだん滑る感覚を思い出して、それなりに滑るようになりました。
しかし、止まるのが上手く出来ないので安全走行。

そんな感じで12時ちょっと前から滑り始めて、15時のリンクのクリーニング休憩時に終了。
とりあえず1回も転ばず滑ることができました。

料金も1日滑って1000円かからないので、もう少し人が少なければ楽しめそう。
2月19日までやっているようなのでもう1回ぐらい遊びに行くかもです。

2012.01.30 | 行ってきました | Comments(4) | Trackback(0)

2011.11.20  【2011】首都圏外郭放水路見学に行ってきました

先週の話になりますが、11月12日に春日部市にある首都圏外郭放水路の一般公開に行ってきました。
以前行ったのは2008年11月なので実に3年ぶり
以前の記事はこちら → 【2008.11.15 首都圏外郭放水路見学に行ってきました。】

今回は仕事の合間というかなんというかで行ったので、写真は通りすがりにしか撮れなかったのですが、一応ブログにアップ。


まずは庄和排水機場と資料館みたいなのがある「龍Q館」の建物。
首都圏外郭放水路
ここでは資料館があったり、外郭放水路&排水機場の操作室などが見学できます。


(2008年の写真です)

お次は地下の外郭放水路へと降りる階段入り口。
首都圏外郭放水路

中はこんな感じの螺旋階段で、136段を降りていきます。
首都圏外郭放水路


そして地下には 喰霊-零-で テレビなどでよく見かけるアレ。
首都圏外郭放水路の調圧水槽。
高さ25m、幅78m、長さ177mあるそうです。
首都圏外郭放水路
首都圏外郭放水路
首都圏外郭放水路
首都圏外郭放水路
諸事情により立ち止まって写真を撮る暇がなかったので、ボケていますが・・・。

本当はこんな感じになっています。

(2008年の写真です)

この柱、流れを弱めるためと天井を支えるためにあるのかと思っていましたが、逆で水圧で構造物が浮くのを抑える重しの役割でたくさんあるそうです。


今回は綺麗な写真が取れなかったので、多少はまともな画像がある前回の記事はこちら。
【2008.11.15 首都圏外郭放水路見学に行ってきました。】


2011.11.20 | 行ってきました | Comments(2) | Trackback(0)

2010.03.07  「山手トンネルウォーク」大橋ジャンクション見学に行ってきました。

本日は午前に珍しく休出した後、午後からは目黒区にある大橋ジャンクションの見学会「山手トンネルウォーク」に参加してきました。



建設中の大橋ジャンクション。(東京SMOOTHより)

大橋ジャンクションは、首都高速3号渋谷線と中央環状線を結ぶループ型のジャンクションで、地下の中央環状線から首都高速3号渋谷線までの高低差71mを400mのループ2周で駆け上がるなんとも素敵なジャンクションです。
今回は3月28日の開通前の最後の公開と言うことで行ってきました。



大橋ジャンクション
入り口はこんな場所から。
通常は作業車が入ったり、事故の際に通行していた車を避難させるための入り口らしいです。


ジャンクションに入ってから先ずは鋭いカーブを回って、上部のジャンクション方面へと向かいます。
大橋ジャンクション
画像だと分かり難いかも知れませんが、結構な急カーブをしています。

ループを登りながらジャンクション方面へ。
大橋ジャンクション

分岐部分。
大橋ジャンクション
大橋ジャンクション

用賀方面。
大橋ジャンクション

渋谷方面。
大橋ジャンクション
開通間近ということで、既に道も繋がっています。
渋谷方面はカーブの先に首都高速3号渋谷線を走っている車も見えました。



次は下って、山手トンネル方面へ。
大橋ジャンクション
途中に消防車や白バイ、日本道路公団の各種車両も展示してありました。

下りもやはりかなりの傾斜と急カーブ。
大橋ジャンクション

大橋ジャンクション


一番奥まで来ると丁度スプリンクラーのデモンストレーションを行うところでした。
大橋ジャンクション

大橋ジャンクション
火事の炎を消すだけあってかなりの水量。
スプリンクラーからそれなりの距離があるのですが、ここまで水が飛んできます。


というわけで、1時間ほど見学を楽しんできました。
雨にもかかわらずこの見学会に1万5千人ほどが参加したようです。


ついでに、トンネルのRで右上が隠れた看板と、ファイアーマンピクトさん。
大橋ジャンクション
大橋ジャンクション


2010.03.07 | 行ってきました | Comments(6) | Trackback(0)

«前のページ  | HOME |  »次のページ

 


SUROISUのTwitter

プロフィール

スロイス

Author:スロイス
さいたま周辺の荒川・入間川・びん沼・新河岸川放水路とかに自転車でブラックバスを釣りに出没中。
たまに登山とか、冬はスノボーとか。

より詳細なプロフィールはこちらから。
スロイスのプロフィール

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索