FC2ブログ

スロイスが勝手にオススメするエントリー

2018.01.02  年末年始恒例カワハギ釣り

年末年始は毎年恒例のカワハギ釣りに行ってきました。
DSC_2474.jpg

今回は29日の夕方出発し、現地に夜到着。
泊まる場所を設営し、30日の朝から年を越して1日の昼までの予定。


まずは29日。
四時過ぎにさいたまを出発し、現地には2時間ほどで到着。
まずはさっさと基地を設営します。
これが4日間お世話になるテントです。
DSC_2441.jpg



翌30日は日が昇りきった8時ごろから出港。
今回のポイントは時折イナダが釣れるとの事で、まずはジグを落としてみます。
ジグを落として1回シャクルといきなりホウボウがヒット!
DSC_2446.jpg
いきなり1匹釣れたのでその後も暫くジグで狙いますがアタリが無いので、本命のカワハギ狙いへ。


この日は渋いようで一緒に行ったベテランさんも苦戦している様子。
アタリも少ないのですが時折カワハギが釣れます。
DSC_2448.jpg

中にはこんな魚も。
DSC_2447.jpg

初日は昼ごろまで釣ってこんな釣果。
DSC_2450.jpg
数もサイズもちょっと残念。


午後からは岸からロックフィッシュを狙います。
漁港周りを狙ったり
DSC_2451.jpg

岩場に行ってみますがノーバイトで終了。
DSC_2452.jpg

暗くなったらバーベキュー&飲み会開始。
で8時ぐらいになるとやることも無くなるのでさっさとテントに篭って翌日に備えます。


30日もだらだらと8時過ぎに出港します。
この日は前日と違うエリアへ。
DSC_2453.jpg

ちなみに今回の釣行はゴムボート釣行。こんな感じで釣ってます。
餌はオキアミ、アサリ、イソメを用意。
個人的に色々な魚が狙えるオキアミが好みです。
DSC_2455.jpg

2日もアタリは少なく苦戦しますがキタマクラやトラギスやベラに混じり、時折カワハギが釣れる感じ。
DSC_2456.jpg

昼前に潮が動いたのかアタリも出だして、昼過ぎにはコレくらいの釣果。
DSC_2458.jpg


そして午後はまたロックフィッシュを狙います。
DSC_2460.jpg

今回は磯方面に行ってみますが、満潮&強風で波も強く1時間ほどで釣れずに終了。
DSC_2462.jpg

とりあえず釣り納めです。
DSC_2464.jpg

夜はアウトドアリビングルームで飲んで、またも9時ぐらいにテントにもぐりこみます。
DSC_2465.jpg

この日は関東で雪も舞ったようで海も寒かったですが、今回予備の寝袋を貸してもらい2重寝袋で寝たのでテントでも快適でした。



年を越して1月1日。
基地を設営している漁港は地域の初日の出スポットのようで、明け方からにぎやかです。
DSC_2467.jpg

寒いので日の出直前までテントに篭り、日の出時刻ちょっと前にスタンバイ。
初日の出を拝みます。
DSC_2470.jpg


初日の出後は漁港近くの神社に初詣。
漁港に神社ってことで大量祈願をします。
DSC_2472.jpg


そしていよいよ最終日。
DSC_2473.jpg


この日は潮周りが良いのか、朝一で入ったポイントでアタリが連発します。
しかし、アワセても乗らなかったり、途中でのバラシも多発。
さらには釣れるのも小物ばかり・・・。
DSC_2476.jpg


ですが、最後には何とか2桁達成。
神社で神頼みしたかいがありました。
DSC_2478.jpg


と言うわけで今回のカワハギ釣行終了。
今回は数もサイズもイマイチで、お土産のカワハギも刺身1回分のみ。
持ち帰ったカワハギはその日のうちに肝合えで美味しく食べました。


-----以下来年のための自分用メモ-----
持ち物
・長靴、ライフジャケット、ボードウェア上下、ネックウォーマー、帽子、寝袋、
・インナー(多めに)、ズボンのインナー、スウェット、靴下(厚手のを2重に)、手袋(濡れるので2つ)、軍手
・タオル(汚れて良いやつも2枚ほど)、ティッシュ、飲み物、おやつ用の食べ物、ホッカイロ、酔い止め、洗顔ペーパー
・リップクリーム、ハンドクリーム、LEDライト(ペンライト、ヘッドライト)、耳栓、スマホバッテリー、ビニール袋
・暇つぶし用の本

※ホッカイロは足元、腹、背中に貼れ
 靴下は2重に履け

ジグは40gぐらい。
磯で根魚やるならブラクリに魚の切り身。


2018.01.02 | 海釣り | Comments(2) | Trackback(0)

2017.12.17  三浦半島でワラサをゲット

本日は三浦半島での船釣りに行ってきました。
DSC_2403.jpg

この日は知り合いの人からお誘いを受け、なんと仕立て船での釣行です。
今まではゴムボートでのカワハギ釣りしか経験が無い私が、一気にステップアップ。
狙いはアジとタイで、余裕があればアジの泳がせで青物を狙うとの事で期待が膨らみます。


場所は三浦半島の某所。
現地について準備をし、明るくなった7時前に出船です。
DSC_2400.jpg


湾内の海は静かでしたが、ひとたび外に出ると強いうねりが。
船釣りに慣れてる人からすればたいした事ないようですが、船釣り初心者の私には結構きつい揺れ。
案の定少し乗っただけで気分が悪くなり、ポイントに着く前に船酔い状態に。
酔い止めも飲んではいたのですが、出船直前に飲んだのでまだ効いてない様子。


とりあえず最初はタイが釣れるというポイント。
既に半船酔い&船釣り初心者の私の為に、船長さんがほぼ付きっ切りで対処してくれます。
針への餌付けからコマセカゴにコマセを入れるのも全部やってくれ、私は電動リールのスイッチ操作だけ(笑


そんな感じでやっていると早々に30cm前後のタイがヒット。
DSC_2401.jpg
まずは1匹目を釣らせてもらいました。
その後は続かずに場所移動。


今度はアジが釣れるというポイントへ。
ここでも半船酔いで頑張りますが(主に船長さんが)アタリはありません。

そのうちに私を誘ってくれた人にヒット。
見ているとかなりの大物のようで、なかなか上がってこず。
数分の格闘後釣れたのは良いサイズのワラサ!
何でも掛かったアジに喰らい付いてきたとの事。

ワラサが廻って来ている様子で、船長さんが「あんなの釣りたいかい?」と聞いてきたので、「是非」とお願いすると、生きアジを使った泳がせ仕掛けに変更してくれます。


泳がせ仕掛けだと餌の付け替えやコマセの詰め込みなども無く、仕掛けを入れたら放置でよいので船酔いの私には助かります。
船酔い対応のため、遠くをぼーっと眺め時折さお先をチラ見。
そんなのを何度か繰り返していると、いきなり竿先が海中に突っ込み、リールから勢い良くラインが走ります。


コレをみた船長さんが飛んできて、完全なタイミングでアワセて竿を私に手渡します。
そして、ワラサとのバトル。
正直船酔いで余り覚えていないのですが、下への突込みが凄く自分も海中に持っていかれそうに。


そしてしばらくの格闘の後に無事にゲット!
DSC_2410.jpg

人生初青物です。
DSC_2409.jpg



これが釣れたのが刺激になったのと、うねっていた海も静かになり、船酔いから復活。
これ以降は自分で餌付けも行い、タイとアジを狙います。
DSC_2411.jpg

しかし、つれたのは良いサイズのホウボウのみ。

昼近くになり最後はアジのポイントへ
アジのポイントでは2匹目のワラサを狙って泳がせで粘りますが、残念ながらタイムアップ。
最後はアジが廻ってきた用で周囲でアジがポロポロと連れ出しますが、大物は来なかったようです。


そんな訳で今日の釣果。
アジは沢山釣った人からもらいました。
DSC_2418.jpg

ワラサが釣れたのは嬉しかったですが、持ち帰ってからが大変。
魚なんて捌けないのですが、ネットでやり方を調べてヘタクソながらも何とか全部を処理。
今週1週間は魚を食べ続ける日々になりそうです(笑

 

2017.12.17 | 海釣り | Comments(0) | Trackback(0)

2017.05.27  真鶴方面のロックフィッシュ釣行

本日は真鶴方面へとロックフィッシュ釣りに行ってきました。

DSC_1648.jpg


本当は海に行く予定はなかったのですが、ふと潮見表を眺めると丁度大潮。
しかも干潮時間も釣りに良さそうな時間帯だったので、いつもの真鶴方面へ行くことに。

電車は最寄のさいたま新都心を6時前のに乗り、真鶴へは8時過ぎに到着。
2時間ほどかかりますが、乗換無しで赤羽から座れたので寝てるだけで行くことができます。



まず最初のポイントはこんな場所。
DSC_1653.jpg

以前はゴロタエリアから攻めましたがイマイチだったので、今回は磯近いのエリアから開始。
磯手前のゴロタも狙ってみましたが、今回も反応はあまりなく1時間ぐらいで2匹。
DSC_1654.jpg



移動して磯付近の大岩周り。
DSC_1661.jpg

波が強くアワセそこねやバラシもありましたが、ここでも2匹。
DSC_1659_201705272109336cf.jpg


お次はサラシの有る磯エリア。
DSC_1656_20170527210928b1e.jpg


ここでも何度かバラシがありましたが3匹をゲット。
DSC_1663.jpg


この日は餌釣りの人も多く、良さそうな場所は既に餌釣りの人が居て、このエリアでは今回は7匹。
餌釣りの人はかなり好調のようで、どの人もサイズはともかくコンスタントに釣っている感じでした。


ちなみに最初のエリアはこんな場所。
DSC_1658_2017052721093084d.jpg





お次は自転車で移動してテトラとゴロタのからむエリアへ。
DSC_1668.jpg


全体的に浅く、岩もそこまで入り組んではいませんが、小魚がかなり見えます。
ワームを落とし込むとベラと思われる魚がアタックしてきますが、無視してボトムまで落として丁寧に探ると小さいながらも3匹ヒット。
DSC_1672.jpg



ポイントはこんな感じの場所。
港周りのテトラ帯が良さそうですが、立ち入り禁止になっていて残念。
なお、このエリアは投げ釣りも禁止のようです。
DSC_1676.jpg



再度移動していつものゴロタ浜へ。
DSC_1681.jpg


ポイントに入って暫くは釣れませんでしたが、徐々に潮が満ちてくると魚も一緒に上がってくるようで、徐々に釣れ出して7匹。
DSC_1682_20170527210942879.jpg

大物の実績があるポイントなのですが、今回は潮の関係でポイントが中途半端な水位で駄目でした。


ちなみに釣りに夢中になりすぎて、歩いてきたゴロタ浜が水没しかけて危機一髪でした。
DSC_1688.jpg



と言うわけで今回のロックフィッシュ釣行では17匹でした。
今日は目標としてジグで釣ろうと頑張りましたが、小さいのが1匹かかるもバラシ・・・
やはりハードは難しいです。

大物が釣れたら持ち帰ろうとしていましたが、残念ながら大物は釣れず。
1匹だけ釣れた20cmぐらいのカサゴは針が飲まれてしまったので持ち帰り。
味噌汁にでもして食べてみようと思います。

■メモ
干潮 11時41分 潮位0cm
満潮 18時37分 潮位153cm

2017.05.27 | 海釣り | Comments(2) | Trackback(0)

2017.04.30  小田原・真鶴方面のロックフィッシュ釣り

本日は小田原・真鶴方面にロックフィッシュを狙いに行ってきました。

DSC_1522.jpg


この土日は小潮で干潮時間も釣りに丁度良い時間帯だったので、本当は前日の土曜日に行こうと思っていたのですが、金曜日の夜に折りたたみ自転車がパンクしている事が発覚。
そこで土曜日に直して、翌日の日曜日に出発。

ポイント最寄の駅には8時半ごろ到着。
近場のコンビニで食料や、今回は大物が釣れたら持ち帰るため、氷なども購入。


さらに今回は新しいパックロッドを買ったので、コレを使います。
DSC_1481_20170430220542edd.jpg

今までは振り出し式のパックロッドを使っていたのですが、振り出し式だといつの間にかガイドの位置がずれていたりして、ライントラブルとそれに伴うストレスが多発。
そこで、4ピースの継ぎ竿形式のものに変更。
ちなみにこのロッド、普段ブラックバス用に使ってるアメニスタよりも高かったり・・・・。


そんなわけで新しいロッドで釣りを開始します。
まだ、干潮まで3時間ほどありましたが、程よく潮も引いていたので、ゴロタエリアで穴釣り開始。
DSC_1484.jpg

しかし、潮が引ききっていないためか、魚の反応が全く無し。
釣りを開始して1時間半ぐらいたって、やっと1匹目がヒット。
DSC_1486.jpg

その後もゴロタ石エリアを攻めますが、バイトすらない状況。



そこで今度は岩場の絡む磯エリアへ。
流れが速いので、ナス型重りを付けて岩の隙間を狙います。
すると、2匹連続でヒット。
DSC_1488.jpg

磯で潮の流れが良い為か、魚の活性も高いようです。


お次はこんなエリア。
磯周りの大きなゴロタの有るエリア。
DSC_1492.jpg

ここでも魚の活性は高く、バラシも含めて次々とヒット。
DSC_1491.jpg

DSC_1493.jpg

上の4匹の写真の1匹は、口からイワシのような魚がはみ出していました。
DSC_1499.jpg

DSC_1500.jpg

そんなわけで、最初のエリアでは11匹。
この日はゴロタ石の下よりも、流れの速い場所や磯付近の反応が良かったです。
流れの速い場所では、ナス型重りを付けたジカリグっぽくしたり、テキサスリグのシンカーを付けてのライトテキサスっぽい方法が釣れました。

ちなみに釣れたのはこんな場所。
DSC_1502.jpg

DSC_1504.jpg


最初のポイントで11匹も釣れましたが、サイズがいまひとつ。
クーラーバッグに氷まで購入したので、どうせなら持ち帰れるようなサイズが欲しいところ。
そこで、場所移動して大物の実績がある場所へ。

移動先はこんなゴロタ石の浜。
DSC_1505.jpg


時間は3時過ぎですが、まだまだ潮は引いており、ゴロタエリアも全体的に浅くなっています。
そこで、小さめのジグヘッドに変更し、ボトムを取らず中層をフワフワ狙う作戦に。
DSC_1507.jpg

すると小さいながらも連続ヒット。
とりあえず移動先でも魚が釣れたので、今度は大物の潜むポイントへ。

ところがまだかなり潮が引いているため、過去に大物が釣れたコンクリートポイントが完全に陸の上・・・
DSC_1510.jpg
このコンクリの下によく大物が潜んでいたのですが、これでは魚はいません。


コンクリポイントは駄目でしたが、満潮時にココに潜んでる奴は干潮時でも近くに居ると思い、コンクリ付近の岩場をチェック。
すると、ゴゴン!というバイトの後に狭い岩場を駆け回る黒い影が。
バラシとラインブレイクに気をつけながら慎重にやり取りをして、待望の大物がヒット!
DSC_1512.jpg

23cmぐらい。
これは持ち帰りしてもOKなサイズでしょう。

釣れたのはこんな場所。
DSC_1513.jpg

その後もカサゴやソイなどを追加し。
DSC_1515.jpg

コンクリ付近のポイントから、またも大物がヒット。
DSC_1516.jpg

これも先ほどのと同じぐらいの大きさ。

さらにその後も数匹釣ります。
DSC_1518.jpg

そして帰る時間も考慮して、17時過ぎに釣り終了。
釣果は24匹(1匹は写真撮り忘れ)で、20cm以上の大物の釣れて大満足。
持ち帰った魚は一晩寝かせてから刺身と、アラはアラ汁にして食べたいと思います。


ちなみに新しいパックロッドですが、残念ながら岩場のロックフィッシュには向いてない感じです。
それなりのサイズが岩に潜った際に強引に引き抜けないのと、岩などの上から釣った際に大きな魚を引っこ抜けなかったです。
それらの原因でのバラシも多々ありました。

軽さと感度の良さなどがウリのようなので、お次はバスフィッシングで試したいと思います。


当日の潮 中潮
干潮13:21分 19cm

2017.04.30 | 海釣り | Comments(4) | Trackback(0)

2017.01.02  2017年の年末年始のカワハギ釣り

年末年始は恒例の、カワハギ釣りに連れて行ってもらいました。
昨年のカワハギ釣りはこちら

DSC_0692.jpg


今年は30日の夜に現地到着で、年を越して2日の午前まで釣りをする予定。
メインはカワハギですが合間に釣りをする為に、エギング、アジング、ライトジギング、ロックフィッシュ用のルアーも用意。

DSC_0643_20170102210626955.jpg


30日は15時ごろに埼玉を出発し、19時少し過ぎに現地到着。
DSC_0645.jpg

さっさと基地を設営。
このテントに3日間お世話になります。
DSC_0646_2017010221062975f.jpg


基地を設営し軽く晩御飯を食べた後は近くの堤防にアジング。
DSC_0647.jpg

まずは足元付近を狙うと小さいカサゴですが早速ヒット。
DSC_0648.jpg

幸先が良いのでこの後も釣れるかと思いましたが、ボトム付近で何度かバイトが有ったものの釣れず。
1時間ぐらい堤防で釣りをしましたが寒くなってきたのでテントに戻り就寝。
翌日のカワハギ釣りに備えます。






翌朝は6時前に起床し、ボートや釣具のセッティング。
日が出て明るくなってから出航します。
DSC_0652.jpg


約1年ぶりのカワハギ釣り。
この港から外洋に出る瞬間が最もテンションが高まります!
DSC_0653_20170102210635b2e.jpg

この日は比較的浅いエリアから攻めます。
浅いエリアは有る程度釣れるものの、リリースサイズが多いので一気に深い場所へ移動。


狙いが当たったようで深いエリアでは釣れるのが25cm近い大物ばかり。
DSC_0655_20170102210636c20.jpg
釣れるのはうれしいのですが、50m以上の深さから手動で巻いてくるには結構辛いです。
他の人は比較的ギア比の高いリールを使っているようなのですが、私のはボロイベイトリールでギア比もそれ程高くなく上げ下げに時間が・・・。
来年は安くても良いのでギア比の高いリールと、色分けされて深さが分かるラインを巻こうと思います。


ちなみに釣りのスタイルはこんな感じ。
達人お手製のロッドに子供の頃から持ってる古いベイトリールで釣ります。
DSC_0656.jpg


天気も景色も良いので、あまり釣れなくてもボートに揺られてるだけでも楽しめます。
DSC_0657_20170102210639f43.jpg


この日は船にジギング用のベイトタックルを持ち込んで時折ジグを投げていたところ、一度だけイナダが船近くまでチェイスしてきましたがヒットには至らず。
時折イナダやソウダガツオの群れが見えるので、その度にジグを投げ込んでみましたが海の回遊魚は動きが早くて全く駄目でした。

初日の午前は2人でこれぐらい。
私の方は10匹に届かず。
DSC_0659_201701022106416d7.jpg



初日は昼休憩後に午後も出船したので、午後のルアーフィッシングは無し。
晩御飯に飲んでしまって釣りにいくのも危険なので、20時とかの時間にさっさと就寝。








翌日は元旦。
ここは初日の出スポットらしく、堤防には人が沢山。
DSC_0665_201701022106422f1.jpg

私達も初日の出を拝んでから出船します。
DSC_0668.jpg

この日も最初は良いサイズのカワハギが釣れますが、後半はアタリも取れなくなり釣果が伸びず6匹ぐらい。
DSC_0669.jpg

その代わりカサゴは2匹釣れました。
DSC_0671.jpg


午後はフリータイムという事でロックフィッシュを狙いにいきます。
近場のゴロタエリア。
DSC_0673.jpg

磯とゴロタの場所。
DSC_0674.jpg

堤防などを狙いましたがノーバイト。
DSC_0677.jpg
潮が満ちてくる時間と重なってしまったので、ゴロタや磯はあまり攻めることが出来ず。

日が暮れてからはライトジギング。
堤防内で表層を巻いてくるとヒット。
DSC_0679.jpg
ネンブツダイですかね。

暫くジグを投げた後はアジングにチェンジしましたが、アジングは不発。
この日も夜は20時頃にテントにもぐりこみ就寝。







さていよいよ最終日。
今回の釣行は一緒に行った達人達もあまり釣果が良くないという事で、最終日は早めに準備をして、日の出と共に出航。
DSC_0683_20170102210654b12.jpg

朝一はカワハギ
DSC_0685_2017010221075521a.jpg

ウマヅラハギ
DSC_0686_201701022107560f7.jpg

小さいながらタイ
DSC_0687_20170102210758105.jpg

それ以外にトラギスを多数釣ります。
カワハギの食いがイマイチながらも他の魚の活性が高く、日も出てこれからというときに風が吹いてきます。

暫くすると白波が立つほどになってしまったので、これ以上はゴムボートだと危険という事で撤収。
DSC_0689_2017010221075939c.jpg

10時前に釣り終了となりました。


今回の釣行で、私のカワハギは3日間て15匹に届かず今までで最低の釣果・・・。
しかし、ライトジギングやアジングにも挑戦できて楽しめました。
エギングもやろうかと思っていたのですが、夜は沢山のエギングの人が来ていたのと誰も釣れている気配が無かったので行わず。


と言うわけで3泊4日のカワハギ釣行を楽しむことが出来ました。
DSC_0691.jpg

釣れたカワハギとカサゴを持ち帰ったので、これからカワハギの刺身の肝あえと、カサゴとカワハギのアラの味噌汁でも作って食べようかと思います。
海の魚は釣った後も楽しめるので良いですね。




-----以下来年のための自分用メモ-----
持ち物
・長靴、ライフジャケット、ボードウェア上下、ネックウォーマー、帽子、寝袋、
・インナー(多めに)、ズボンのインナー、スウェット、靴下(厚手のを2重に)、手袋(濡れるので2つ)、軍手
・タオル(汚れて良いやつも2枚ほど)、ティッシュ、飲み物、おやつ用の食べ物、ホッカイロ、酔い止め、洗顔ペーパー
・リップクリーム、ハンドクリーム、LEDライト(ペンライト、ヘッドライト)、耳栓、スマホバッテリー、ビニール袋

※ホッカイロは足元、腹、背中に貼れ
 靴下は2重に履け

2017.01.02 | 海釣り | Comments(2) | Trackback(0)

«前のページ  | HOME |  »次のページ

 


SUROISUのTwitter

プロフィール

スロイス

Author:スロイス
さいたま周辺の荒川・入間川・びん沼・新河岸川放水路とかに自転車でブラックバスを釣りに出没中。
たまに登山とか、冬はスノボーとか。

より詳細なプロフィールはこちらから。
スロイスのプロフィール

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索