FC2ブログ

スロイスが勝手にオススメするエントリー

2018.10.20  秋の荒川上流域釣行

本日は荒川上流域に釣りに行ってきました。
釣れなかったのですが、自分用の記録として残します。


まず最初の場所はこんな感じの所。
流れ&淵&テトラが絡むポイントです。
DSC_3353.jpg

小魚も見えてよさそうな雰囲気ですが、ワーム、ハードといろいろ試すもノーバイト。
1時間半ほどやりますが釣れないので場所移動。



お次はこんな場所。
ここはテトラの際などに小魚も多く、時折サイズが小さいもののスモールも見えるので期待が出来そうでしたが、やっぱり釣れず。
DSC_3357.jpg

水は綺麗で、小魚や小バスが泳いでいるのを見かけますが釣れません。
DSC_3359.jpg



途中コンビニ休憩を挟んで最後は川原のポイント。
よさそうな雰囲気ではありますが、台風の影響で淵の場所や川原の形が変わっていて、実績が有った場所も浅くなってました。
DSC_3362.jpg

天気予報では晴れの筈が、夕方近くになると嵐のような雰囲気なったり虹もでたり。
DSC_3368.jpg

そんなこんなで辺りが暗くなり始めるまでちょこちょこ釣りましたが結局釣れずに終了。


このエリアは台風の影響は大きかったようで、陸地のかなり高い場所までごみが上がった跡が見られました。
それと川の地形が大きく変わってた箇所が多かったのと、大水でバスが散ってしまったようでバスの姿も少なかったです。
秋の台風後はポイント的に厳しいと分かったのが収穫でした。

 

2018.10.20 | 荒川 | Comments(4) | Trackback(0)

2018.10.13  また46cmが釣れた10月13日の荒川ブラックバス釣行

本日は朝5時20分ぐらいから荒川にブラックバスを釣りに行ってきました。
ポイントは前回の荒川釣行時に46cmが釣れた場所へと向かいます。


ポイントに到着してからまずはカットテールのノーシンカーで足元チェック。
何度か狙うとスーッとラインが走るバイトがあるも、台風の大雨で溜まったと見られる木に巻かれバラシ。
しばらく沈んだ木や草の周りを狙いますが反応は無し。

お次はシンカーを噛ませたフリックシェイクのワッキーで、沈みテトラ周りの1段深い場所を狙います。
シェイクのみで何度か狙うも反応は無く、次に長めのポーズを入れて狙うと『ぬっ』という重みが乗るバイト!

そのまま重いだけで上がってきたので枝でも引っ掛けたかと思いましたが、水面近くまで来たところで良いサイズのバスと判明。
なぜか大きさの割にはほとんど暴れず、そのままスムーズにキャッチ。

釣れたのは前回同様46センチのラージ!
DSC_3344.jpg

DSC_3346.jpg

頭の大きさの割りには胴体がスリムで、台風の影響からか余り餌にありつけていない様子。
どうりで引かないし暴れないはずです。


いいサイズが釣れてしまったので、その後も同じポイントで粘ることに。
沈みテトラの奥の深い側をスローに誘っていると、時折ブルーギルのバイトがあったり、ピックアップ直前に5cm位のミニバスが追ってきたりと魚っけは有るのですが、釣れたのは1匹のみ。
1時間半ぐらいやりましたが、追加が出来ず場所移動。



川の様子はまだ白い濁りが残っているので、バスが付きそうなヘラ台などを周ってみます。
DSC_3349.jpg

ヘラ台の周辺もミニバスは追ってくるのですが、釣れるサイズはおらず。

途中知り合いさんとの話を1時間近くはさんで、10時ぐらいまで釣りをしましたが釣れずに終了。

荒川のいつものエリアも台風でだいぶ増水したようで、岸の草も1.5mから2m付近まで白くなっていました。


ちなみに今日の荒川の水はこんな感じでした。
DSC_3350.jpg


2018.10.13 | 荒川 | Comments(0) | Trackback(0)

2018.10.06  横須賀方面海釣り釣行

本日は横須賀方面に知り合いと海釣りに行ってきました。
DSC_3328.jpg


この日はだらだら釣行なので、10時ちょっと前に釣り場最寄の駅に到着。
そのまま、近くの釣具のポイントに行き、この付近で無難に釣れる魚種を聞いて仕掛けと餌を購入。

買ったのは仕掛けはサビキ、ブラクリ、ちょい投げ仕掛け。
餌は、チューブタイプのサビキ用餌、アオイソメ、キビナゴ。
アジやイワシが回遊してきたらサビキ、足元やテトラでブラクリ、暇だったらチョイ投げで何かしら釣れれば良いかなという感じ。


まずは横須賀の海辺釣り公園へ。
足場や水場もしっかり管理されていてきれいな釣り場。
さらには入場料も無しとお得な場所です。

DSC_3327.jpg

DSC_3329.jpg

とりあえず空いていた場所に入り釣り開始。
足元を見るとイワシや一回り大きな魚が見えるので、サビキ釣りから。

コマセを入れると魚は寄ってくるも、針には全くかからず。
しばらくやるも釣れないので、ブラクリで足元のヘチ狙いに変更。

イソメを付けて落とすと直ぐにアタリが来ますが、魚が小さいようで針掛かりせず。
何度もアタリがあるも全く釣れないので、ケースから出てきたフライ用の針に小さくイソメを付けます。
すると2回空中でオートリリースを連続したあとに、小さいアタリの主が判明。
DSC_3332.jpg
ハオコゼ。
最初は小さいカサゴかと思って掴みそうになるも、背びれが違ったので用心してペンチでリリース。
リリース後周囲を見たら「毒魚に注意」の看板に、ハオコゼの画像が・・・。
触らなくて良かったです。

その後はハオコゼを何匹か釣りますが他の魚は釣れず。
時折サバなどが釣れているようですが、全体的に渋い様子。
昼間過ぎまで粘りますが、我々には釣れる様子がないので場所移動。



ちょっと歩いて、移動先は岸壁沿い。
上から様子を見ると岸壁際に魚が集まっていたので狙ってみることに。

岸壁エリアでは根魚が居そうな雰囲気だったので、ブラクリにイソメで狙います。
いかにもな岸壁の角にブラクリを落とすと狙い通りにヒット。
DSC_3335.jpg
15センチぐらいのムラソイ。


DSC_3336.jpg
今度は餌をキビナゴに代え岸壁沿いでチビカサゴもヒット。

そのほか、ハオコゼやウミタナゴも釣れ、知り合いもココでカサゴやムラソイをゲット。
ここでは1時間半ほど釣りましたが、アタリが遠のいたので場所移動。


また少し歩いて漁港沿いの岸壁。
ここも釣りが出来るように整備されており、釣り人も多数。
DSC_3337.jpg

足元には多数の魚が群れていたので釣ってみることに。
まずは足元でサビキをやります。

ここの魚もコマセを撒くとやたらと寄ってきますが、ウミタナゴとかの魚のようで針掛かりせず。
そのまま1時間ぐらい何もありませんでしたが、4時過ぎぐらいから周囲の人にアジやサバがポツポツと釣るように。

そして我々のサビキの周辺にもアジだかサバだか、今までの魚と泳ぎ方の違う魚がやってくるようなります。
そのまま5時近くになると、足元への回遊が始まったようで、パタパタと釣れはじめて時合いに。

バラシも多数ありましたが、最終的には2人で十数匹を釣ることが出来てそれなりの釣果になりました。
DSC_3340.jpg

6時前にコマセ用の餌も無くなり、周囲も暗くなったので釣り終了。
行き当たりバッタリの釣りでしたが、ブラクリでの根魚に、サビキでのアジ&小サバと釣果にも恵まれ楽しむことが出来ました。


 

2018.10.06 | 海釣り | Comments(0) | Trackback(0)

2018.09.25  電気式華憐音楽集団のライブ『gig dynamis』に行ってきました

9月24日はクラブチッタに電気式華憐音楽集団のライブ『gig dynamis』に行ってきました。

 3540321450_logo.jpg


電気式華憐音楽集団のライブは以前行われた『ELECTRONIC EMPIRE FEST』の出演日が平日で行けなかった為、昨年3月の新木場のStudio Coast公演以来。

ライブ自体も不定期なので、久しぶりに単独ライブをやるということで、チケットを取ったときから楽しみだったライブ。



ツイッターで見つけたセットリストはこんな感じ。




チケットの整理番号は真ん中ぐらいだったのですが、開演直前の圧縮で比較的前方にいけて、さらに開演の圧縮で前から5列目ぐらいまで突っ込めたのですが、流石にこのエリアでの圧縮はつらいので1曲目で少し後退。

圧縮エリアの後ろはモッシュピットだったので、テンション上がる曲ではモッシュピットやサークルに入り、じっくり見たいときは少し下がってと自分のペースで堪能。

クラブチッタってライブによっては柵でかなりエリアが小分けにされてた気がしたのですが、今回は前方と後方を2分割してただけでかなり広く、モッシュもある程度公認だったようでかなり大々的にやってましたね。サーフしてる人もいましたし。

初期のデンカレのライブでモッシュしてたら、スーツのスタッフに止められたりしてたのにをふと思い出したり。

ライブは新曲のAddiction/Non-fictionからスタートし、新旧織り交ぜた22曲、2時間半ほど堪能。

個人的な電気式華憐情愛歌やVatican Cameosをやってくれたのは嬉しかったしライブでは初演奏のAbsolute Blueや青き蟲独はCD版とは違うアレンジだったのか迫力が倍増。

MSシリーズから1曲も無かったのは意外でしたが、定番のVampire、I Pray、機械人形などは大盛り上がりでテンションも上がり。

というわけで適当な電気式華憐音楽集団のライブレポ的なアレでした。

ここ最近はメロコア系のライブが多かったので、メタルならではのギターと重低音のバスドラの響くライブを堪能しました。



Vampire



Addiction / Non-fiction


2018.09.25 | ライブ | Comments(0) | Trackback(0)

2018.09.22  46cmを筆頭に数も釣れた、9月22日の荒川ブラックバス釣り

本日は朝5時ごろより荒川にブラックバスを釣りに行ってきました。
前日は雨だったこともあり、雨の時に実績のあるポイントからスタート。

ポイントでは足元からチェックしますが、今日は足元に居ないようでノーバイト。

川岸に立ってみると雨で若干水量が多いようで、流れも強めです。
流れが当たる場所では水面によれが出来ていたので、そこへノーシンカーのカットテールを流します。
カットテールを流していると、1発目からクンッ!とバイトが有りますがフッキングできず。

何らかの魚が居るようなので、続けて2度3度と流していると再びバイトがありヒット!
釣れたのは30cm位のスモール。
DSC_3310_201809221608156e7.jpg


流れの中で釣れたので同じようにワームのドリフトを続けますがその後は反応無し。
お次はシンカーを付けて少し深い場所を狙ってみます。




最初は流れの中やヨレ付近を狙いますが無反応。
今度は少し投げて、流れの脇にあるブレイク付近を狙います。

底を取りながらシェイク&ポーズを何度かすると、急に重みが乗りヒット。
最初は重いだけで引きも無かったので、フナのスレ掛りかと思っていましたが、水面まで上がってきて大きなラージと判明。
魚も水面まで来ると暴れ、草に巻かれそうになるも何とかキャッチ!

釣れたのは46cmのラージ!
DSC_3311_20180922160816ec6.jpg

DSC_3317_20180922160818ad5.jpg

濁りのある日なのに良いサイズが釣れました。


40UPが釣れてしまいましたが更に釣れたら・・・と思い同じブレイクラインを狙うと、今度は30cm前後のスモール。
DSC_3319.jpg

更に追加で30cmにはちょっと足りないサイズも。
DSC_3320.jpg

その後も似たような30前後のスモールがかかりますが残念ながらもバラシ。
時合だったのか群れが回ってきたのか分かりませんが、46cmを釣ってから20分ぐらいの間での連発。
ですが、この連発に惑わされ1時間半近く粘るも、全く反応が無く場所移動。


この日の川な濁りも強いということで、ヘラ台やカバー周りを狙います。
DSC_3321.jpg


いくつかのヘラ台エリアや、水没した木の有る場所を狙っていきますがノーバイト。

釣りの途中では知り合いの人に出会い、1時間以上も立ち話。
釣りを再開するも、川は流れが強く風の影響かこちら岸にはゴミも寄っていて魚の反応は有りません。


最後には連発したポイントに戻ります。
流れ脇のブレイクラインは釣れず、流れの当たる沈みテトラ付近を狙うと、ラージを追加。
DSC_3324.jpg

最後は30分ぐらい粘りましたが1匹のみで、良い時間になったので釣り終了。

この日は雨後の強い濁りでしたが、46cmのラージを筆頭に5匹と、数も出て楽しめました。


ちなみに今日の荒川の濁りはこんな感じ。
目視できるのは水深20cm~30cmくらいでした。
DSC_3323.jpg

 

2018.09.22 | 荒川 | Comments(2) | Trackback(0)

«前のページ  | HOME |  »次のページ

 


FC2Ad

まとめ

SUROISUのTwitter

プロフィール

スロイス

Author:スロイス
さいたま周辺の荒川・入間川・びん沼・新河岸川放水路とかに自転車でブラックバスを釣りに出没中。
たまに登山とか、冬はスノボーとか。

より詳細なプロフィールはこちらから。
スロイスのプロフィール

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索