FC2ブログ

スロイスが勝手にオススメするエントリー

2018.07.03  『PassCode Presents VERSUS PASSCODE 2018』に行ってきました

7月1日は恵比寿のリキッドルームに、PassCode主催のライブイベント『PassCode Presents VERSUS PASSCODE 2018』に行ってきました。


max_schedule_20180420185440_0a386136baad6e27dfc5d88a5a63daa35ad9b8e01ce14.jpg


今回のライブは「SWANKY DANK」と「a crowd of rebellion」との対バン型式のライブです。

SWANKY DANKは過去にYoutubeで視聴したことある程度で、パンクとラウドロックの中間ぐらいの曲のイメージでしたが、ライブでは思っていた以上にへヴィ!
ギターの人がHELLOWEENのキーパーTシャツ着てたのが好印象。



a crowd of rebellionは昨年のサタニックカーニバルで見て以来。
サタニックカーニバルのときはサブステージとは言え幕張メッセの広い会場で、比較的後方で見ていたので普通に楽しんでいたのですが、今回はライブハウスと言うことで凄い盛り上がり。

モッシュもWODが2回ぐらいに、テコンドーモッシュも発生して、ファンもハードコア寄りの人が多かった様子。モッシュでぶつかったりするのは良いのですが、ツーステ曲でツーステできず反復横飛びみたいな動きをしていた人に、ひたすら横蹴り喰らってたのは正直イラッとしたり。

a crowd of rebellionのCDも何枚か持ってたと思ったのですが、ライブでかっこよかったので、また聞き込んでみようかと思いました。



最後は本日の本命のPasscode。
やっぱり始まったとたん大盛り上がり。
今回は中盤付近で見ていたので、圧縮などにも巻き込まれず、メンバーの様子や演奏を楽しむことが出来ました。

ネットで拾ったセットリストはこんな感じ

1.Ray
2.ONE STEP BEYOND
3.TRICKSTER
4.Never Sleep Again
5.Toxic
6.rise in revolt
7.UNTILL THE DAWN
8.PARALLEL
9.Same to you
10.カタルシス
11.Club Kids never die
12.MISS UNLIMITED


短い時間でしたが、セットリストには聴きたい曲がほぼ入っていたので満足。
PassCodeは激しい曲が多く盛り上がれて楽しいのですが、アイドル系に多いコールの入るタイミングや言葉が分からず・・・。

今年の冬にZepp ダイバーシティでのツアーファイナルのチケットも先行当選したので、単独公演が今から楽しみです。








 

2018.07.03 | ライブ | Comments(0) | Trackback(0)

2018.07.01  梅雨明け直後の清流釣行

6月30日は清流エリアにスモールマウスバスを狙いに行ってきました。
DSC_3107.jpg


まずはテトラと流れの絡む場所。
見えバスがチョコチョコいるのですが、警戒心が強いようでワームを投げるとすぐに逃げてしまいます。
そこで流れの中を狙って見ます。
ちょっとした深みのある場所にワームを流すと早々にヒット!
ですがリールのドラグがゆるゆるですぐにバラシ。

バラシたものの流れの中にバスが居るようなので、似たような場所を狙っていきます。
ワーム、ミノー、シャッド、スピナーと色々試して、みるものの予想に反してノーバイト。

お次はテトラの隙間に潜んでいるバスを狙います。
テトラ付近は水深も浅く水も綺麗なので、所々のテトラの隙間からバスの頭や尾びれが見えます。
隠れているバスの上流にワームを流し込み、バスの居る付近で誘うとヒット!
釣れると案の定テトラにもぐりこまれますが、ラインが切れる前に強引に引き抜いてキャッチ。
DSC_3111.jpg

釣れたのはこんな感じのテトラの場所。
DSC_3113.jpg

1匹つれたので同じように隠れているバスを狙っていきますが、いいサイズが釣れてもテトラでばらしたり、小さいバスはフッキングできず。
このエリアでは1匹のみで場所移動。


お次もテトラと流れの絡むポイント。
ここでもテトラ脇を狙うと子バスがポロポロと釣れます。
DSC_3114.jpg

DSC_3115.jpg

DSC_3116.jpg

1匹だけいいサイズがかかりましたが、やっぱりテトラに潜られバラシ・・・
今日のタックルはスピニングのパックロッドなのですが、柔らかいので大きいのがかかるとパワー負けしてしまいます。



昼ぐらいになってからは暑さに耐えかね入水。
足だけでも水につかると体が冷やされるようで、汗もかかなくなるほどです。
DSC_3117.jpg


川の中では浅い瀬を歩きながらポイント探し。
こんな広い瀬を歩いているとバスではなく、毛鉤でも流してオイカワやヤマベを釣りたくなります。
DSC_3118.jpg


途中で見つけた雰囲気の良さそうな淵でワームを流すと流れの中から、数匹のバスが飛び出てきてヒットします。
DSC_3120.jpg

30cm有るかどうかのサイズですが、流れの中なので引きが強いです!
DSC_3119.jpg


あとは、こんな流れの合流点にワームを流すと子バスがポロポロヒットするのですが、フッキングが弱かったりで流れの中で全部バラす始末。
DSC_3124.jpg


入水して涼んだ後は岸に戻って子バスを1匹。
DSC_3125.jpg



この後は更に場所移動。
移動中に半分藪と化した道をチャリで走って川に向かいます。
DSC_3129.jpg


川原に出て釣りをしようかと思った矢先、ロッドが折れていることが判明。
DSC_3126.jpg
先ほどの藪道で引っ掛けてしまったようです・・・。

ロッドは折れてしまいましたがこの日はコレ1本しか持っていないので、折れたロッドで無理やりキャストをして釣り続行です。

最後の場所はこんな感じのポイント。
DSC_3128.jpg

折れたロッドなので飛距離を稼ぐためにこちらでも入水して釣行。
暫らくワームを流れに乗せて流していると、『ココン』とバイト。
リールを高速で巻くと20cm位のバスが付いていましたが、折れたロッドではフッキングが甘かったようで手元でバラシ・・・。
折れたロッドで釣れたらネタ的に面白かったと思ったのですが残念・・・。


その後も何とか1匹釣ろうかと頑張りましたが、遠くではある物の北のほうで雷が鳴り始めたので終了。
幸い風向きも雷雲が追ってくる方向では無く、時間もまだ有ったのでこのままチャリに乗って帰る事に。
しかし走り出すと強い向かい風&釣具を入れたリュックの重みが徐々に体力を奪います。
さらに、安物のサンダルを素足で履いているので、足にもダメージが。

途中では完全に日も落ちて真っ暗に。
河川敷のサイクリングロードを走っていましたが、いたるところで工事をしていて迂回迂回でなかなか河川敷から出られずこんな有様。
DSC_3130.jpg


迷いながらも何とか河川敷から脱出し無事帰宅。
ポイントから自宅まで40km無いぐらいだと思っており2時間半ぐらいで帰るつもりが、実際には50km近くあり1時間以上も余計にかかってしまいました。

本日の総走行距離は約71km。
DSC_3132.jpg



今回の釣行は暑いながらも何匹か釣ることが出来て良かったです。
ヒット以上にバラシの数も多かったので、全部釣れば優に10匹は超えていたのが残念。
あとは、折れたパックロッドのパーツを注文しなければです。

 

2018.07.01 | 荒川 | Comments(0) | Trackback(0)

2018.06.23  6月23日の荒川ブラックバス釣行

本日は朝4時半頃より荒川にブラックバスを釣りに行ってきました。
梅雨という事もあり流れ込みのポイントからスタートするも、流れ込みからの水が予想以上の濁り。
10分ほどやりますが何も反応がないのでサッサと場所移動。


移動がてら良さそうな場所を狙っていくと、バズジェットJrにバイトが有りますが魚が小さいようでフッキングせず。
ワームにも反応があるもこれまたサイズの小さいバスらしく、ワームの尻尾だけを咥えていたり、釣り上げてもフッキングしておらず空中リリース・・・


結局いつものエリアへ。
ここでもワームに反応があるので、バイトが有っても暫らく待つことでやっと一匹目。
DSC_3093_20180623191315147.jpg


岸際を一通り狙いますが釣れたのは1匹だけなので、今度は少し深い場所を狙います。
何で狙おうか考えていたらこんなゴロタ石エリアで、石の隙間にテナガエビが居るのを発見。
もしかしたらエビ系がいいのではと思い、ドライブクローのライトテキサスっぽいのでブレイクラインをずる引き。
DSC_3095_20180623191318713.jpg


30分ぐらいやるも反応が無く諦めかけていた際に、グンと明確なバイトがありヒット!
DSC_3097.jpg

釣れたバスの口からはエビの髭っぽいのが出ていたので甲殻類を食べているバスの様子。
DSC_3098.jpg

小さい魚ではありますが狙い通りに釣れて嬉しいです。


その後も似たようなゴロタ石エリアを中心に狙うもバスは釣れず。
10時ぐらいになったのでそろそろ帰ろうかと思い、最後にまだ入ってない場所を狙って終わりにする事に。

最後の場所では沈みテトラ周りを狙うもノーバイト。
次に岸際に生えた野バラの下にワームを送り込むと、すぐにラインが走ってヒット!
結構大きいサイズのバスで野バラに巻かれますが何とか外し、後はキャッチだけという段階。
しかし、水面まで1m近く有り、今のタックルでは引っこ抜くのも難しい感じ。
どうしようかと考えていたら、知り合いのバサーさんが近くの餌釣りの人から網を借りてきてくれて何とかキャッチ。


釣れたのは41cmのラージ。
DSC_3103_2018062319132372d.jpg

ラージでは今年初の40UP。
知り合いさんに助けて貰えたので取れた一匹です。
最後にいいサイズが釣れたので大満足して10時半過ぎに釣り終了。


ちなみに今日の荒川はこんな感じ。
DSC_3094_20180623191317233.jpg
雨の為か田んぼの影響かはわかりませんが、濁りが入っていました。


 

2018.06.23 | 荒川 | Comments(0) | Trackback(0)

2018.06.19  SATANIC CARNIVAL18に行ってきました

6月17日と18日は幕張メッセへ、パンク&ラウドロックフェスの「SATANIC CARNIVAL」に行ってきました。


201804170092_ex.jpg

初日見たバンドはこんなかんじ。
Fear, and Loathing in Las Vegas
四星球
PALM
ジャパハリネット
THE CHERRY COKE$
MAN WITH A MISSION
04 Limited Sazabys
マキシマム ザ ホルモン
HEY-SMITH

昨年の「SATANIC CARNIVAL」で演奏を見て好きになった「ジャパハリネット」、以前から興味があって一度ライブに行きたいと思ってた「THE CHERRY COKE$」を見ることが出来てよかったです。

「マキシマム ザ ホルモン」のライブもヘドバンとモッシュで翌日首が痛くなったり、何気に今年一番多くライブ見てる「HEY-SMITH」もトリという立場だと1曲1曲が凄い盛り上がりに感じました。




二日目に見たバンドはこちら
WANIMA
Crystal Lake
MONOEYES
ROTTENGRAFFTY
Ken Yokoyama
NAMBA69
ザ・クロマニヨンズ
Dizzy Sunfist
10-FEET





二日目は昨年オオトリだった「WANIMA」は流石の人気で朝一にもかかわらずライブエリアは満員状態で大盛り上がり。サブステージトリの「Dizzy Sunfist」も人気曲連発で熱かったです。「10-FEET」はフェスのオオトリという事で、最前エリアに突っ込みダイブとクラウドサーフもキメて汗だくで楽しみました。

それと、ライブの合間にイベントブースでやってた地下セクシーアイドル「ベッド・イン」のライブとトークが予想以上に楽しかったので、今度どこかのフェスとかに出たら見に行きたいと思ったり。

そんな訳で今年の「SATANIC CARNIVAL」も二日間楽しみましたというメモ代わりの記事。

 



 

2018.06.19 | ライブ | Comments(0) | Trackback(0)

2018.06.09  6月9日の荒川ブラックバス釣り

本日も朝4時半頃から荒川にブラックバスを釣りに行って来ました。
DSC_3093.jpg


今日はいつもと違うポイントから開始。
最初にワームで足元チェックをすると早々にバイトが有るものの、サイズが小さい魚の様子でフッキングに至らず。
ワームを岸際に投げると何度かバイトが有るので、サイズはともかく活性は悪くない様子です。
残念ながら最初のポイントでは釣れず15分ほどで場所移動。


お次も今シーズン初の場所。
足元チェックの後に岸際をバズジェットJrで引くと、パシャっと可愛いバイトが出ますがやっぱり小さい魚の様子でノリません。
ここでも釣れず結局いつものエリアに移動します。


いつものエリアもバズジェットJrで探っていると、ルアーが岸の草に引っかかり不意な動きをした瞬間にバイト!
サイズは小さいですが、良い具合にフッキング。
DSC_3099_20180609210920adf.jpg

サイズは小さいですが今期初トップで、嬉しい一匹。
その後も岸際を中心に狙って行きますと、時折子バスが後を付いてくるも釣れず。
日も出て完全に明るくなると、子バスの反応もなくなります。


明るくなってからはワームで少し深い場所を狙うことに。
まずは沈みテトラ周りを狙っていきますが反応はありません。

次は岸から少し投げてブレイクラインを狙います。
とある急なブレイクの場所を狙っていると、ワームを持っていかれるバイトが有りますがのらず・・・。
再度同じ場所を狙ってみると再度バイトが有ったので、ラインが走るまで待ってみるとヒット!
DSC_3102_20180609210921959.jpg
25cmぐらいのスモール。

その後も似たようなブレイクラインを狙いますがバイトも無く昼前に終了。


この日は雨の影響かゴミも多く、若干の濁りも入っていました。
DSC_3103.jpg

DSC_3104.jpg


 

2018.06.09 | 荒川 | Comments(0) | Trackback(0)

«前のページ  | HOME |  »次のページ

 


FC2Ad

まとめ

SUROISUのTwitter

プロフィール

スロイス

Author:スロイス
さいたま周辺の荒川・入間川・びん沼・新河岸川放水路とかに自転車でブラックバスを釣りに出没中。
たまに登山とか、冬はスノボーとか。

より詳細なプロフィールはこちらから。
スロイスのプロフィール

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索